スポンサードリンク



更新日:2017/10/21

「AGAクリニック」について徹底的に勉強しました

このサイトは管理人が薄毛に悩み、様々な育毛・植毛方法を調べたうえで辿り着いた「AGAクリニック」についてまとめたものです。

 

私にとってもAGAクリニックは未知のものでした。しかし少しずつ調べていくことで、薄毛の改善の可能性が非常に高いことが分かったのです。一般的な育毛方法とは大きく異なっています。

 

こちらではAGAクリニックの細かい内容など、様々な情報を網羅しています。
薄毛に悩んでいる方、育毛剤に効果がないと感じている方、そういった方の手助けになればとの思いが満載です。

 

ひとりでも多くの方の育毛・発毛に役立てれば嬉しいです。

AGAクリニックの治療の相場は?

AGAクリニックには様々な治療方法があります。ですから治療方法によっても費用が大幅に異なっている、ということは理解しておかなければなりません

 

現在、AGAクリニックの多くで実施されているのが「オーダーメイド治療薬」です。その人に合わせた発毛剤やサプリメントを処方してくれるものです。

 

有名クリニックのオーダーメイド治療薬の価格例

銀座総合美容クリニック(銀クリ) 月々6,500円から
AGAスキンクリニック 月々14,000円から
メンズヘルスクリニック東京 月々15,000円から
AGAIN(アゲイン)メディカルクリニック 月々20,000円から

 

※税抜価格です。

 

あまりに差があるので驚いたかもしれません。月々数千円のところもあれば、20,000円以上かかってしまうところもあるのです

 

実はからくりがあります。数千円のところは処方薬が1種類しか出ないことがほとんどです。一方で20,000円以上に設定されている場合は複数の薬剤を組み合わせています。

 

一概に「安ければ良い」とは言えないのがAGAクリニックのオーダーメイド治療なのです。

 

詳しくは「オリジナル処方薬価格ランキング」をチェック

各薬剤の費用の相場とは

 

単剤治療を受ける時には、薬ごとの費用相場を前もって把握しておく必要があります。一般的には「プロペシア(フィナステリド)」と「ミノキシジル」の2つの薬剤がAGA治療で利用されます。

 

有名クリニックのプロペシアの価格例

湘南美容外科(ルネッサンスクリニック) 月々約6,018
ユナイテッドクリニック 月々約5,509
AGAスキンクリニック 月々7,000
銀座総合美容クリニック(銀クリ) 月々7,000
新宿AGAクリニック 月々7,000

 

※国内正規品の価格です。
※税抜価格です。

 

プロペシアは、ひと月あたり6,000円台から7,000円台くらいが相場となります

 

プロペシアの価格は安定しています。

 

以前は1錠あたり(1日あたり)250円程度とされてきましたが、医薬品としての権利が切れたので安く手に入るようになってきたのです。

 

有名クリニックの塗布系ミノキシジルの価格例

ユナイテッドクリニック 月々約3,333
スキンサポートクリニック 月々5,000
新宿AGAクリニック 月々5,000円から
湘南美容外科(ルネッサンスクリニック) 月々5,400
AGAIN(アゲイン)メディカルクリニック 月々10,000

 

※税抜価格です。

 

塗布系ミノキシジルは、各クリニックの価格を平均化(相場化)するとひと月あたり6,000円から7,000円程度となります。

 

各クリニックによってかなりの価格差があるので、事前にチェックしておきましょう。

 

※クリニックによってはミノキシジル濃度によって価格に差を設けているところもあります。

 

プロペシアとミノキシジルの価格について詳しくはこちら

AGA治療は維持費がかかるのか?

かかります。

 

AGA治療で得られた効果は、AGA治療は治療によってのみ維持できるのです。もしも途中で治療をやめてしまえば元通りになってしまうか、治療を始める前よりも進行してしまいます。

 

一方でメソセラピーやHARG療法に関しては、6ヶ月間から12ヶ月間集中して治療を行います。その後は年に1回程度の施術で維持していくことも出来るとされているのです。

 

詳しくは「AGAクリニックと費用」をチェック

AGA治療のリスクやトラブル、そして危険性について

AGA治療に治療には副作用のリスクがあります。

 

AGA治療に利用されている薬剤には医薬成分が配合されています。医薬成分が配合されているということは体に対して大きな影響を与えるものなのです。

 

AGA治療の代表的な副作用例

男性機能の低下 プロペシアやザガーロ
血圧の低下 ミノキシジル(タブレット)
心臓の痛みや動悸、息切れ ミノキシジル(タブレット)
頭皮環境の悪化 ミノキシジル(塗布タイプ)、アロビックス(塩化カルプロニウム)

 

副作用に関しては体質にも左右されるので、利用してみなければわからない部分もあります。副作用があるということを念頭に置いた上でドクターと相談しながらどの薬剤を治療で利用するか決めましょう。

 

カウンセリングを受ける時に、リスク面の説明を必ず求めましょう。仮にリスクについて説明がされなかった場合は、そのクリニックを選ぶべきではありません。

 

プロペシアの効果と副作用

ミノキシジルタブレットの効果と副作用

ザガーロの効果と副作用

ロゲインの効果と副作用

アロビックスの効果と副作用

パントスチンの効果と副作用

メソセラピーの効果と副作用

HARG療法の効果と副作用

自毛植毛の効果と副作用

メディカルSMP施術の効果と副作用

AGA治療のデメリット

AGA治療のメリットは何と言っても「薄毛が改善する」というものです。しかしデメリットがないわけではありません。クリニックで専門的な治療を受けるのであれば、必ずデメリットも把握しなければなりません。

 

デメリットを知ったとしても悲観的になる必要はありません。知ることで対処できることもあるからです。

 

AGA治療で考えられるデメリット

定期的にAGAクリニックに通わなければならない

毎日、発毛剤を飲んだり塗ったりしなければならない

治療によって副作用が発生してしまうこともある

継続的に費用が発生してしまう

必ずしも効果が出るとは限らない

 

上記のデメリットについては、ある程度は対応することも可能です。

 

AGAクリニックへ「定期的に通う」ということですが、最近ではスマホのアプリを利用したテレビ電話診察が実施され始めているのです。クリニックに通わずに薬を処方してもらうことも可能になりました。

 

効果に関しては個人差があるのも確かです。一方で治療効果を上げるための検査をAGAクリニックでは実施しています。その検査を受けることで、「あなたの薄毛がAGAによるものなのか、それとも他に原因があるのか?」「プロペシアなどの薬剤があなたの薄毛に効果を発揮するのか?」といったことも検査で確認できるのです。

 

自宅で「AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キット」なるものを利用して、「AGAに発症の危険度」さらに「フィナステリド(プロペシア)の治療効果」を確かめることもできるようになりました。

 

スマホを利用したAGAにクリニックのテレビ電話診断についてはこちら

「AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キット」についてはこちら

AGAクリニック利用の流れ

1

カウンセリングの予約をとること

2

カウンセリングを受ける

3

治療の契約を行う

4

初診の実施

5

必要であれば検査を受ける

6

処方薬を受け取る

7

毎日処方薬を服用する

8

月に1回程度の通院を実施する

 

あくまで一般的なAGAクリニック利用の流れを記載しました。必ずしも上記の流れとなるわけではありません。

 

注目してほしいものはいくつかあるのですが、まずはカウンセリングです。AGA治療を受ける前には必ずデメリットも把握しなければなりません。カウンセリングを受けることが必須なのです。

 

カウンセリングを受けたあとに契約するかを決定します。カウンセリングでは治療の方針も決定し、費用の説明もある程度受けることになります。その内容に納得できた場合は契約を結んでください。

 

初診についてはカウンセリングの直後に実施されることがほとんどです。ドクターが直接問診などを行い、最終的な治療の中身を決定します。初診を受けたあとに検査を受けることもあります。

 

検査は血液検査については必須とされていることもありますが、遺伝子検査などは必ずしも受けなければならないわけではありません。必要だと思ったら受けてみましょう。

 

処方薬は1ヶ月分から3ヶ月分を処方されることになります。ですから、基本的に1ヶ月から3ヶ月間隔で通院することになるのです。

 

初診を受けてからしばらくは月イチ通院になることが多いです。発毛剤による副作用なども確認しなければならないので、いきなり3ヶ月分や6ヶ月分の発毛剤の処方は難しい、と覚えておきましょう。

 

AGAクリニック利用の流れについて詳しくはこちら

カウンセリングの中身を詳しく知りたい方はこちら

カウンセリングを何故受けなければならないのかを知りたい方はこちら

AGAクリニックに通う前にチェックすべきこと

薄毛の原因を探ること

 

全ての薄毛がAGAクリニックで解消されるのではありません。

 

薄毛の原因

対応状況

男性型脱毛症

AGAクリニックで対処できる脱毛症

びまん性脱毛症

牽引性脱毛症

AGAクリニックで対処できない脱毛症

円形脱毛症

分娩後脱毛症(産後脱毛)

AGAで対処できる可能性もある脱毛症

 

AGAクリニックなので男性型脱毛症対策は可能です。びまん性脱毛症は血行不良が原因であり、ミノキシジルなどの処方で対応できます。

 

一方で牽引性脱毛症は日頃のヘアケアが原因なので、まず髪型など考え直す必要があります。円形脱毛症は免疫システムの疾患が問題なので、AGAクリニックでは対応できません。

 

分娩後脱毛症(産後脱毛)は、ホルモンバランスの乱れが原因となっています。血行が悪くなって起こることもあるので血行促進剤で対応できる場合もありますが、根本的な治療は難しいです。

 

ちなみに分娩後脱毛症(産後脱毛)は、出産後時間が経てば改善するケースが多くなっています。「そのままにしておく」というのも一つの方法です。

 

薄毛になる症状と原因の詳細はこちら

実績・費用で選んだAGAクリニックランキングBEST3

AGAクリニックおすすめランキングBEST3