スカルプケアの最前線
メソセラポススカルプリキッド

更新日:2019/03/15

AGAクリニックの利用にかかる費用とは

電卓と紙幣が写っている画像 こ銭がたくさんある状態 薄毛治療にどれだけのお金を使えるかを計算しているイメージ

 

AGAクリニックで薄毛治療を行おう、と考えている時に注意しなければならないのが費用です。どのくらいかかってくるのか、といった事を理解しなければなりません。

 

いくらかかっても良いので薄毛を治したい、という方はいませんよね。

 

月々の育毛・発毛対策に使えるお金の上限が決まっている、という方がほとんどだと思うのです。

 

今回は仮にAGAクリニックに通うとなった場合には、1ヶ月あたりでどのくらいの出費を覚悟しなければならないのか、といった事をお教えします。AGAクリニックの利用を前向きに考えている方は要チェックです。

 

こちらでは、

 

 

の4つを記載しています。

 

最も簡単な治療法|プロペシアのみの治療にかかる費用

月あたり6,000円から9,000円程度

飲む発毛剤であるプロペシアの画像 ケースから錠剤を取り出している写真 正規品である

 

AGAクリニックで最も安価な治療法とされているのが、プロペシアのみを利用した治療法です。プロペシアは男性型脱毛症に特化した対策ができるので、AGAのみが発症している場合には高い効果も期待できます。

 

 

 

飲み薬のみの対策となるので、身体に対する負担もそれほど大きくありません

 

もちろんプロペシアには副作用も報告されているので(副作用の発生率は1.0%程度)、注意して利用すべきです。

 

AGAクリニックの中には、プロペシアのジェネリックを利用しているケースもあります。ジェネリックタイプであれば、通常のプロペシアよりも安く利用できます。

 

基本的にプロペシアの有効成分であるフィナステリドの量は、正規品であったとしてもジェネリックタイプでも一緒です。費用を抑えたいのであれば、ジェネリックタイプを選ぶのも一つの方法です。

 

ジェネリックタイプのプロペシアの費用例・・・ひと月あたり4,000円から6,000円で処方

クリニックのオリジナル処方薬を利用した場合の費用

ひと月あたり15,000円から30,000円

ドクターがオリジナル処方薬について説明しているイメージの写真

 

AGAクリニックの最もオーソドックスな治療方法がこちらに該当します。飲むタイプの発毛剤と、塗布するタイプの発毛剤を併用します

 

 

 

さらに血液検査などで栄養状態を確認し、足りないと思われるビタミンやミネラルなどを処方してもらえます。

 

総合的な治療ができるとのことで人気を集めています。費用としてはプロペシアのみを利用するケースよりはだいぶかかってしまいますが、総合的な薄毛対策ができるようになります。

 

クリニックのオリジナル処方薬の内訳

飲む発毛剤 プロペシア(ミノキシジルタブレットが処方されることも)
塗布型発毛剤 ミノキシジル
ビタミン剤、ミネラル剤 検査などの結果をもとに処方

 

ミノキシジルタブレットが処方されることもありますが、塗布型よりも効果が高いとされています。その代わり全身に影響をあたえることになるので、副作用が発生する確率も高いとされています。利用前にはドクターからしっかりと説明を受けるべきです。

メソセラピーを利用した場合の費用

1回あたり30,000円から70,000円程度

ノーニードルタイプのメソセラピー治療を受けているイラスト 肌に刺していないので異痛みがない

 

メソセラピーは特殊な溶剤(ミノキシジルやフィナステリドをブレンドしたもの)を直接頭皮に打ち込むことで薄毛の解決を図る、というものです。

 

 

ピンポイントで効果を発揮させる可能性があるとのことで、近年になって注目を集めています。

 

メソセラピーによる発毛治療ですが、費用については各クリニックでおおきな違いがあります。1回あたり10,000円台となっているクリニックもあれば、1回あたり80,000円もかかってしまうクリニックもあります

 

さらに「1回あたりの費用設定」となっている所に注目しましょう。月に1回で済むクリニックもあれば、月に2回のペースで治療を行うクリニックもあります

メソセラピー治療は6ヶ月程度を一つの区切りとしています。

HARG療法を利用した場合の費用

1回あたり10万円前後から20万円かかることも

HARG療法を受けている男性の写真 生え際の治療を受けている

 

HARG療法(ハーグ療法)はメソセラピー以上に、クリニックごとに費用に違いがあります

 

クリニックによっては、頭皮全体にHARG療法を行ってくれることもありますし、頭皮の3分の1に対して治療するケースもあります。

 

  • 頭皮の3分の1に対して施術する場合にかかる費用・・・10万円前後/回
  • 頭皮全体に対して施術する場合にかかる費用・・・20万円前後/回

 

頭皮全体の薄毛ではなく男性型脱毛症などの局所的な薄毛の場合には、頭皮の3分の1の対策をしてもらって費用を抑える、ということが望ましいです。

 

HARG療法は、基本的に半年間治療を行います。そして月に1回程度の施術を受けることになるのです。その後は、年に1回程度の施術を受けることになります。

 

年に1回程度の治療についても1回あたり10万円から20万円程度が相場になります。

 

半年間の治療によって完全に回復したケースでは継続治療の必要がありません。年に1回の施術の必要性はなくなるので、最初の半年の費用のみが発生することになります。

 

※維持治療として、年に1回程度の施術を続けるケースもあります。

薄毛治療を継続すると、どのくらいにコストが発生するのか?

1年間の治療でかかる費用

プロペシアのみの治療にかかる費用 10万円前後の費用が発生する
オリジナル処方薬を用いた治療にかかる費用 20万円から36万円程度
メソセラピーにかかる費用 15万円から50万円以上かかることも(半年間の治療)
HARG療法にかかる費用 50万円から120万円程度かかることも(半年間の治療)

 

投薬治療のみのほうが、費用的には安く済む可能性が高いです。特にHARG療法に関しては、高額な費用が発生する恐れもあるので注意しなければなりません。

 

安く済ませるコツ|まずは投薬治療で様子を見ること

 

費用の面も考えて薄毛治療を行いたい、と思っている方はまずは投薬治療を実施しましょう。投薬治療は費用的にも月あたりかかっても30,000円程度です。いきなりメソセラピーやHARG療法を利用すると、10万円単位の費用が発生してしまうこともあるので注意しなければなりません。

 

もし投薬治療で結果が出なかった場合には、メソセラピーやHARG療法に切り替える、といった方法がおすすめです。投薬治療で結果が出れば、それだけ安く済むのです。

初診費用と検査費用について

 

ここまで記載したのは、メインの治療費です。この他に諸費用として初診費用や検査費用が発生します。

 

初診費用に関しては、3,000円から5,000円程度に設定されており、基本的に初回のみの費用発生となります。

 

検査費用は内容によって費用には大きな差があります。5,000円程度で済むこともあれば、20,000円程度かかってしまうこともあります。検査を受ける頻度は、半年に1回や1年に1回程度となります。

 

血液検査のみの費用 1回あたり5,000円程度
遺伝子系の検査費用 1回あたり15,000円から20,000円程度

 

血液検査については定期的に実施されることもありますが、遺伝子系の検査は1回のみとなります。

実績・費用で選んだAGAクリニックランキングBEST3

AGAクリニックおすすめランキングBEST3



スポンサードリンク