スカルプケアの最前線
メソセラポススカルプリキッド

更新日:2019/03/15

AGAクリニックで行われる施術|メソセラピーとは

青い溶剤が入っている注射器の画像 写真

 

AGAクリニックで行われている治療法といえば、真っ先に思い浮かぶのが投薬治療です。ミノキシジルやフィナステリド(プロペシア)が処方される、とばかり思っているのではありませんか。

 

今回はAGAクリニックで実施されている「メソセラピー」という治療方法についてお話します。

 

実際に発毛したという方もおり、現在注目されているのです。

 

メソセラピーとはどういったものなのか、どのような効果が期待できるのか、費用はどの程度なのか、そして安全性(副作用)について徹底解説します。AGA治療をしたい、と思っている方は要チェックです。

そもそもメソセラピーってなんだ?

育毛・発毛に効果があるとされている溶剤を頭皮に注入する施術法

前頭部のM字部分痛いし、注射器をあてがってこれから治療を実施しようとしている画像 写真

 

薄毛の治療方法は様々ありますが、頭皮に塗る育毛剤は頭皮から浸透して毛母細胞などに良い働きをもたらすとされています。

 

飲む発毛剤に関しては、飲んでから血液に入り込み全身に影響を与えるとされています。

 

頭皮に塗る発毛剤も飲む発毛剤も双方ともに間接的に影響を与えていく、ということになります。その間接的な部分を取り払ったのがメソセラピーです。

 

メソセラピーは、特殊な溶剤を細い針やレーザーなどを利用して頭皮に直接浸透させていきます。要は毛母細胞に育毛・発毛に効果的な溶剤を直接的に送り届けることが出来るわけです。

 

メソセラピーは美容の分野でも利用されており、脂肪溶解注射も同じような施術となっています。ある程度の歴史がある治療方法、と言っても良いかもしれません。

メソセラピーの溶剤にはどのような成分が入っているのか?

 

【AGAスキンクリニックの育毛メソセラピーに含まれている溶剤例】

  • 発毛薬成分(ミノキシジルか?)
  • IGF-1(インスリン様成長因子)
  • bFGF(繊維芽細胞成長因子)
  • VEGF(血管内皮成長因子)
  • 銅ペプチド
  • 総合ビタミン
  • コエンザイムQ10
  • ヒアルロン酸

 

【銀座総合美容クリニックの育毛メソセラピーに含まれている成分】

  • ミノキシジル
  • フィナステリド
  • 成長因子複合体
  • ヒアルロン酸
  • 銅ペプチド
  • コエンザイムQ10

 

※AGAスキンクリニックの発毛薬成分は公表されていません。

 

各クリニックによって含まれている成分に微妙な違いがある、ということは理解して欲しいところです。

 

一方で発毛剤が利用されている、という点は一緒です。ミノキシジルとフィナステリドの両方が使われているケース、いずれか片方が利用されているケースもあります。

 

ヒアルロン酸や成長因子、といった成分が含まれている点にも注目です。育毛や頭皮環境を良くするといった成分も含まれているので、単なる男性型脱毛症対策ができるわけではない、といったところも成分をチェックすると理解できますよね

メソセラピーの施術は痛いのか?

 

まずレーザータイプ、いわゆるノーニードルタイプに関しては痛みが出るということはほとんどありません

 

問題は針を使って注射するタイプのメソセラピーですが、こちらも心配はありません。麻酔を利用するので、強い痛みに悩まされることはないのです。ただ、施術後に少し痛みが残ってしまうこともあります。

 

使っているのは細い針なので、痛みはしばらくすれば自然となくなります

メソセラピーにはどのような効果が期待できるのか?

メソセラピーで期待できる効果一覧

 

  • 男性型脱毛症
  • びまん性脱毛症(血行不良)
  • 頭皮環境悪化による脱毛症など

 

メインで期待できる効果に関しては、上記した3つの脱毛症の改善です。特に注目してほしいのは男性型脱毛症です。

 

頭皮の中に直接ミノキシジルやフィナステリドを打ち込むので、ジヒドロテストステロン対策ができたり、血行を高めて毛母細胞の活性化を図れたりするわけです。AGAが発症している方には高い効果が期待できます。

 

メソセラピーの溶剤には、最近では成長因子が含まれているケースが増えてきている点にも注目です。成長因子は毛母細胞に働きかけをしてくれます。髪の毛の生成を手助けしてくれるような感覚です。

 

毛母細胞が何らかの原因で休眠状態となって薄毛になるケースが多いわけですが、成長因子を直接毛母細胞集へに打ち込むことができれば、眠っていた細胞が覚醒する、といったことも十分に考えられます。

ニードル(針)タイプとノンニードルタイプ|どちらのほうが効果的か?

 

ニードル(針)を利用したメソセラピーのほうが効果的、とされています。

 

ニードルタイプは確実に皮下に育毛・発毛に役立つ成分を行き渡らせることが可能です。ノーニードルタイプは頭皮に塗布した溶剤が全て頭皮内部に浸透していくとは限らないので、効果については弱まってしまう確率があるのです。

 

白衣を着たドクターが解説している画像 イラスト 髭を生やしており、頭髪は薄い

 

ニードルタイプの効果が100とすると、ノンニードルタイプの効果は80から90程度、とされています。

 

より高い効果を得たい、と考えている方は痛みが発生する可能性もありますが、ニードルタイプを選択しましょう。

メソセラピーの費用はどの程度かかるのか?

各クリニックのメソセラピー費用

 

AGAスキンクリニック

コース

料金

Dr’sメソ治療 (AGAメソセラピー) 2cc

54,000/

Dr’sメソ治療 (AGAメソセラピー) 4cc

75,600/

銀座総合美容クリニック

ノーニードル育毛メソセラピー

19,440/

ルネッサンスクリニック

【キャンペーン】毛髪再生 スマートメソプレミアム(3)

98,000

毛髪再生 スマートメソプレミアム(1)

69,800

毛髪再生 スマートメソプレミアム(6)

388,000

毛髪再生 スマートメソプレミアム(12)

698,000

ボトックス注射メソセラピー(1回)

68,850

 

※全て税込み金額です。

 

AGAスキンクリニックのDr’sメソ治療 (AGAメソセラピー)は半年6回コースが基準となっているので、32万4,000円から45万3,600円が治療費の基準となります。

 

銀座総合美容クリニックのノーニードル育毛メソセラピーは半年で8回が基準となるので、15万5,520円程度が治療費の基準となります。

 

ルネッサンスクリニックに関しては、キャンペーンで行われている毛髪再生 スマートメソプレミアム(3回)が圧倒的安価となっています。また回数の多いコースを選択すると1回あたりの費用が安くなる、といったメリットが有ります。

メソセラピーの副作用とは

副作用の心配はそれほどない

 

幾つかの副作用は報告されていますが、安全性は高いとされています。育毛・発毛分野以外にも様々な分野で利用されているのがメソセラピーです。

 

そもそも危険性の高いものを、育毛・発毛を含めた美容関連の分野で利用するはずはありません。

発毛剤の副作用あり

 

ミノキシジルとフィナステリドを体内に入れることになるので、それらの副作用は覚悟しなければなりません。特に皮下に直接入れることになるので、副作用が出る確率に関しては少し高くなる、、と覚えておきましょう。

 

【ミノキシジルで発生する可能性のある副作用例】

  • 低血圧
  • 動悸
  • 息切れ
  • 多毛症
  • 肌荒れ
  • 局所発熱
  • めまい
  • 頭痛
  • 視界不良など

 

【プロペシアで発生する可能性のある副作用例】

  • 性欲の減退
  • 勃起不全
  • 不妊
  • 精巣痛
  • 女性化(女体化)
  • うつ
  • 肝機能障害
  • 肥満など
痛みあり

 

ニードルタイプのメソセラピーを利用した場合には、どうしても痛みのリスクが有ります。痛みを抑えるために利用した麻酔が効きすぎて、施術直後にフラフラしてしまう可能性も捨て切れません。

 

ただし、利用している麻酔はそれほど強いものではありません。全身麻酔でもないので、強い危険性はない、とされています。

頭皮環境に関する副作用

 

ニードルタイプは施術中に出血が出てしまうことがあります。また、赤みが頭皮に残ってしまうこともあります。

 

もともと頭皮環境が悪化している方は強く作用が出てしまうので注意して下さい。

 

敏感肌気味という方は、ノーニードルタイプの利用も検討すべきです。

メソセラピーの女性利用の注意点

 

育毛・発毛目的として女性に対してもメソセラピーは利用可能です。しかし、配合成分によっては危険があるので注意して下さい。

 

フィナステリド入りのメソセラピーの女性の利用は厳禁です。女性には効果の無いものであり、さらにもしも妊娠した場合、赤ちゃんに奇形が発生してしまう可能性があるのです。

実績・費用で選んだAGAクリニックランキングBEST3

AGAクリニックおすすめランキングBEST3



スポンサードリンク