スカルプケアの最前線
メソセラポススカルプリキッド

更新日:2019/03/15

AGA治療で利用すべきクリニックの形態とは?

美容外科で働いている二人のナース

AGA治療を行っているクリニックですが、幾つかの形態に分かれています。こちらのサイトでも数多くのAGA治療を実施しているクリニックの口コミを紹介してきました。

 

AGA治療を行っているクリニックは、大きく分類すると三つに分かれます。

 

 

  • AGA系クリニック
  • 美容系クリニック
  • 植毛系クリニック

 

三つの形態のクリニックのうち、どの系統のクリニックでAGA系治療を受けるべきなのでしょうか?こちらではそれぞれの「〇〇系クリニック」の特徴やメリット・デメリットをまずは解説し、最後にどの形態のクリニックを選ぶべきかをお話します。

 

「AGA治療を行うクリニックが多すぎて絞るのも難しい」という方は必見です。

 

AGA系クリニックの特徴とメリット・デメリット

AGA系クリニックの特徴とは?

AGA系の治療のみを行っているクリニック(女性の薄毛治療も含む)

AGAの治療をメインで行っているクリニック

 

上記の2つのタイプのクリニックがAGA系クリニックに分類されます。

 

クリニックの中には男性型脱毛症のみの治療を対象としたクリニックも少なくありません。さらに男性型脱毛症以外の治療についても行っていますが、メインとして取り扱っているのがAGA治療というクリニックもこちらに分類されるわけです。

 

クリニック名に「AGA」や「ヘア」という文字が含まれている場合には、高確率でAGA系クリニックです。薄毛治療に特化しているクリニックであり、クリニックによるAGA治療の主体的な存在と言って間違いではありません。

AGA系クリニックのメリットとは?

安い費用で治療を受けられる可能性が高い

オーダーメイド治療薬が利用できるケースが多い

治療ノウハウが豊富である

血液検査や血圧検査以外にも遺伝子検査などを行っているケースが多い

気持ち的に利用しやすい

【治療費について】

 

AGA系クリニックはAGAの治療をメインとして行っているので、価格競争が発生します。ほかのAGAクリニックよりも高いと患者さんが来ない可能性だってあるわけです。

 

AGAクリニックの多くは正規品の発毛剤だけではなくジェネリックタイプの安い発毛剤も取り扱っています。薄毛治療は継続的に受けていかなければならないので、治療費が安く済むのは大きなメリットです。

【オーダーメイド治療薬について】

 

患者に丁寧に医薬品について説明をしているドクター

オーダーメイド治療薬は、その人に合わせたAGA治療ができる治療法の一つです。AGAの進行具合や治療薬の効果には個人差がどうしてもあります。その人に合わせた治療をしなければ、良い結果を得るのは難しいのです。

 

AGAクリニックでは発毛剤も数種類用意しており、さらにはビタミンやミネラルなどのサプリメントも処方されます。栄養面といった観点からの薄毛治療も行ってもらえるわけです。

【治療ノウハウについて】

 

AGA系クリニックはAGA治療をメインとして行っているので、AGA治療の症例は多くなる傾向があります。症例が多いということは、適切な治療を行いやすい、ということでもあるわけです

 

「この程度進行していたらこのような治療が有効」ということもドクターは知っているわけです。症例が少ないクリニックだと、単に発毛剤を処方して終わり、ということまで考えられます。

【検査について】

 

AGA治療は医薬品などを利用するので、使用前に検査を受けるのが一般的です。血液検査や血圧検査はAGA系クリニック以外でも行われるわけですが、AGA系クリニックであればより詳しい検査を実施していることもあるのです。

 

AGA遺伝子検査
ジヒドロテストステロン検査

 

AGA遺伝子検査であれば、AGAが発症する可能性を探ることができます。要は自身の薄毛の原因がAGAであるのかAGAではないのかがある程度把握できるわけです。

 

ジヒドロテストステロン検査は発毛剤のプロペシアが有効であるかを調べられます。有効であることがわかれば、継続して利用すればよいわけです。効果がないと分ければ、他の知慮法を選択しなければなりません。こちらの検査を受けなければ、効果のない薬剤による治療を受け続けてしまうかもしれないのです。

【利用しやすさについて】

 

AGA系クリニックであれば、基本的に通うのは薄毛に悩んでいる方です。要は同じ環境の方とのみ顔を合わせる可能性があるわけです。

 

一般的なクリニックの場合だと、自分とは異なる目的の方と顔を合わせてしまうかもしれません。女性と共用のクリニックだと恥ずかしさも増してしまうわけですが、AGA系クリニックは基本的に男性のみなので恥ずかしさはあまり感じないで済むわけです

AGA系クリニックのデメリットとは?

クリニックによっては対応していない治療方法もある(メソセラピーや植毛など)

発毛剤による副作用の対処に問題がある可能性あり

【AGA系クリニックの治療方法について】

 

薬剤しか取り扱いがない、といったAGA系クリニックも比較的多くなっています。薬剤による治療に効果がないわけではありませんが、より高い効果を望む、という方には適していないわけです。

 

自身の薄毛の進行度合いから「薬剤だけでの治療は難しい」と判断できる場合には、AGA系クリニック以外の選択肢も出てきます。

【ドクターが皮膚の専門家ではない可能性あり】

 

AGA系クリニックのドクターは、必ずしも皮膚の専門家ではありません。全く違う分野の医師免許を持っている、といった可能性もあるわけです。

 

発毛剤の中にはミノキシジルといった塗布タイプのものも存在しています。ミノキシジルの副作用の一つには頭皮の炎症やかゆみなどの肌荒れも存在しているのです。もしも副作用が出た場合には、皮膚の専門家ではないドクターでは適切な対処ができない可能性もあります。

美容系クリニックの特徴とメリット・デメリット

美容系クリニックの特徴とは?

 

共立美容外科の看板

AGA治療も実施している美容系クリニックですが、美容整形をメインとして取り扱っているクリニックであり、おまけとは言いませんがAGA治療も一応実施しているところを指しています

 

 

豊胸や脂肪吸引、さらにはお肌をキレイにするような施術をメインとして取り扱っており、AGAの治療も美容の施術の一環として行っている、という感覚のクリニックです。

 

美容系クリニックは取り扱い施術が多く、中には全国展開しているようなところも珍しくはありません。またABCクリニックのようにメインとしては包茎手術を取り扱っており、その上にAGA治療も実施しているところもあります。

美容系クリニックのメリットとは?
メソセラピーや植毛など医師の技術が必要になる施術が受けられる
皮膚に問題が発生するような副作用が出た時に適切に対処してもらえる

【発毛剤以外の治療について】

 

美容系クリニックに関しては、外科手術などが出来るドクターもいます。ですからメソセラピーなどの注射療法も可能ですし、植毛などの治療もできるわけです。

 

単なる発毛剤による治療だけではなく、幅広い治療が受けられる可能性が美容系クリニックにはあるわけです。

 

美容系クリニックの高須クリニックにおける発毛系の治療例

プロペシア

最新型育毛メソセラピー

HARG療法

自毛植毛

【肌における副作用の対処について】

 

美容系クリニックの多くには、皮膚科に所属した経験があるような皮膚の専門家系のドクターがいます。発毛剤の中には皮膚に問題を起こすような存在のものもあります。

 

美容系クリニックであれば皮膚に問題が起こったとしても正しい対処をしてくれる可能性が極めて高いわけです。安全性の高い発毛剤治療が受けられるのが美容系クリニックです。

美容系クリニックのデメリットとは?
オーダーメイド治療薬を取り扱っていないケースが多い

女性の利用者がいる可能性も高く、利用にはハードルがある

費用が高く設定されている可能性あり

 

【オーダーメイド治療薬の取り扱いについて】

 

美容系クリニックの施術のメインは、あくまで美容整形です。AGA治療はおまけのようなものでもあるので、発毛剤を処方して終わり、というケースも珍しくありません。AGA系の検査が行われることも基本的にはないわけです。

 

オーダーメイド治療薬を取り扱っていない、ということは単一的な治療しか受けられない、ということです。プロペシアを処方されて終わり、ミノキシジルを処方されて終わり、という感覚になってしまいます。

【女性も通う美容系クリニックが多い】

 

もちろんゴリラクリニックのようなメンズクリニックも存在しています。しかし多くは女性が多く通うようなクリニックとなっているのです。以前は包茎手術を受ける男性が多かったのですが最近では減っており、女性の利用者が多くを占めるようになってきています。当然美容系クリニックに行けば女性の患者さんが多い、ということになってしまうわけです。

 

もしかすると待合室で女性と顔を合わせてしまうことになるかもしれません。女性が通うイメージのある美容系クリニックに男性が通う、ということは心理的にも大きな負担になってしまうわけです。

【美容系クリニックにおけるAGA治療費について】

 

美容系クリニックはAGA治療で勝負しているわけではありません。ですから価格についてはそれほどこだわっていないケースが多いのです。単剤治療でもAGA専門系クリニックに比べて高く設定されていることも多いので注意しましょう。

 

美容系クリニックで行われるメソセラピーやHARG療法、そして植毛などの薄毛治療は一度に大きな金額がかかってきてしまうことも珍しくありません。高額治療が行われることが多い、といった特徴にも注目しておきましょう。

植毛系クリニックの特徴とメリット・デメリット

植毛系クリニックの特徴とは?

 

植毛のビフォー・アフター

自毛植毛や人工毛植毛をメインで実施しているクリニックのことを指しています。植毛系クリニックの中には、植毛以外の薄毛治療を行っているケースもあります。植毛後の髪の毛を維持するための単剤治療などを行っているクリニックも多くなっているわけです。

 

 

植毛に関しては、薄毛治療の最終的な方法ともされています。後頭部や側頭部などの男性型脱毛症の影響を受けない髪の毛を移植するからです。移植し定着した髪の毛はずっと生え続けるので、移植した髪の毛に関しては特にメンテナンスの必要はありません。

植毛系クリニックのメリットとは?
医薬品による発毛剤治療やHARG療法などの注射療法の効果がなかった時でも対応できる
薄毛が完治する可能性あり
植毛であれば継続治療の必要なし

【効果がほぼ100%出る植毛が選択できる】

 

植毛は特殊な治療方法です。後頭部や側頭部の自分の髪の毛を採取して薄くなった部位に植えていくわけです。

 

発毛剤による治療やHARG療法、そしてメソセラピーは産毛しか生やさなくなった毛根を回復させ髪の毛を太くする治療です。しかし全員に効果が得られるわけではありません。効果が出てこないことだってありえるのです。

 

植毛は、薄毛の治療が成功しなかった時でも薄毛を解決できる一つの手段です。自分の毛を生やすことにはなるので、かつら・ウィッグなどとも異なっています。自分の毛を移植することでより自然に薄毛を改善できるわけです。

【植毛本数によっては薄毛の悩みが解決する】

 

部位や範囲によっても異なりますが、一定本数を植毛することでその部位の薄毛が解決するケースも十分に考えられるのです。

 

発毛剤などで薄毛が完治する、というのは難しいかもしれません。維持機能しか得られないこともあります。しかし植毛であれば植毛した毛の90%程度は生えてくるとされているので、高い確率で薄毛の悩みが解決するわけです。

【メンテナンスについて】

 

植毛治療に関してメンテナンスは行いません。生えてくる毛は自分の毛なので、放っておいてもよいのです

 

発毛剤治療については継続的に行って維持していかなければなりません。継続治療を面倒と考えるのであれば、植毛で対処するのもおすすめです。

植毛系クリニックのデメリットとは?
高額な費用が発生してしまう

選択できる治療が少ない(オーダーメイド治療薬がない)

強い痛みが発生してしまう
植毛後しばらくは生活に支障が出てくる

【費用について】

 

植毛本数やクリニックによっても大幅に異なりますが、植毛は費用が高額なのです。平均相場として100万円を超えてくることもめずらしくありません。本数によっては200万円や300万円掛かることもあります。

 

植毛クリニックで処方される発毛剤の価格も少し割高になっています。

 

プロペシアの処方価格の平均相場はひと月あたり7,000円台となっています。しかし植毛系クリニックの紀尾井町クリニックや親和クリニックの場合は、1ヶ月あたり9,000円もしてしまうのです。

 

プロペシアの価格

AGAクリニックの平均相場 1ヶ月あたり7,000円台
紀尾井町クリニック 1ヶ月あたり9,000円(税別)
親和クリニック 1ヶ月あたり9,000円(税別)
アイランドタワークリニック 公表されていない

【治療のバリエーションについて】

 

基本的に植毛をメインとして実施しているので、植毛以外はプロペシアなどの単剤治療がメインになっています。もちろんオーダーメイド処方薬も出していません。

 

治療のバリエーションといった面では不満が残ることも事実です。

【痛みについて】

 

植毛の施術は麻酔を用いますが、麻酔が切れると頭皮に痛みが発生します。痛み止めも処方されるのですが、頭皮の違和感はしばらく続いてしまうのです。

【カサブタの発生や入浴の制限あり】

 

植毛後はしばらく頭皮に問題が発生します。カサブタが出来るので、見た目的な問題が発生してしまうのです。

 

しばらくは洗髪も出来ません。植毛直後に洗髪をしてしまうと、せっかく植えた髪の毛も脱毛してしまうわけです。夏に植毛をすると、汗などで頭皮が気持ち悪い状態が続いてしまう恐れもありますよ。

まとめ|どの形態のクリニックがおすすめなのか?

AGA系クリニックがおすすめ

 

AGA系クリニックであれば、オーダーメイド治療薬が利用できるわけです。自分にマッチングした治療が受けられるので、効果が出る確率も高いのです

 

AGA系治療の症例数の多さ、といいう部分にも注目しなければなりません。「経験の多いドクターのいるクリニック」と「経験の少ないドクターのいるクリニック」のどちらを利用したいでしょうか?もちろん経験が多いドクターのいるクリニックですよね。

 

AGA系クリニックはAGA治療がメインなので症例数も多く、ドクターも経験豊富です。薄毛治療を安心した任せられるわけです。

 

もちろん美容系クリニックにも植毛系クリニックにもメリットはあります。

 

そこでおすすめしたいのが、自分が受けたい施術によってどの形態のクリニックを利用するのかを決める、というものです。

 

発毛剤やサプリメントによって薄毛を改善したい人

AGA系クリニック

メソセラピーやHARG療法で薄毛を改善したい人

美容系クリニック

植毛で薄毛を改善したい人

植毛系クリニック

 

まだ薄毛治療を行ったことがない、という方は基本的に発毛剤を利用した治療を志向すると思います。まずはAGA系クリニックを選択しましょう。AGA系クリニックで思ったような効果が得られなかった場合には、他のクリニックの利用を検討すべきです。

実績・費用で選んだAGAクリニックランキングBEST3

AGAクリニックおすすめランキングBEST3



スポンサードリンク