スカルプケアの最前線
メソセラポススカルプリキッド

更新日:2019/03/15

AGAクリニックの選び方5つ

頭を抱えて悩んでいる薄毛の男性 スーツを着用している おでこが少し広くなっている しっかりとネクタイを締めている

 

薄毛を根本から対処するためには、医療機関に頼る他ありません。

 

しかし医療機関に頼るにも、どのAGAクリニックを選択したら良いのか、ということで頭を悩ませてしまうわけです。

 

 

たくさんあるので、実際に迷ってしまいます。もしもダメなところを選んでしまったら、得られる効果も得られなくなってしまうかも知れません。お金をドブに捨ててしまうような状況も十分に考えられるわけです。

 

こちらではいくつかの選択方法をお教えします。全てを採用しなくても構いませんが、どれも大事なものなので参考にして、エージーエークリニックを選んでもらえたら幸いです。

 

以下の5つの項目と番外編も合わせて確認していきます。

 

1つ目|薄毛治療の専門的な医療機関を選択すること

一般の医療機関では出来ることが限られてしまう

 

AGA(男性型脱毛症)に関しては、治療方法がいくつかあります。実際に行ってみなければどの治療方法がマッチングするのかわからない、といった状態になっているわけです。

 

  • 薄毛治療の専門的なクリニック・・・多数の治療方法がある
  • 一般的なクリニック・・・行える治療方法は限定されている

 

確かに皮膚科や内科であったとしても、最近では薄毛治療ができる医薬品を処方してくれます。限定された医薬品しか処方されないので、薄毛治療はできるのですがどうしても限定的な治療しかできません。その処方された医薬品で改善するかはわからないのです。

 

行える治療方法

薄毛治療専門クリニック

一般の医療機関(皮膚科など)

ミノキシジル

プロペシア

プロペシア

ザガーロ

ミノキシジルタブレット

オリジナル治療薬(ビタミン剤、ミネラル剤などを含む)

HARG療法

メソセラピー

植毛(自毛植毛、人工毛植毛)など

 

一般医療機関では、プロペシアを処方するのみ、といったケースが多くなってしまいます。そもそも、プロペシアの効果はかなり限定的です。実際に飲んでも効果がなかった、という方は数えきれないほどいます。

 

より多彩な治療を受けて確実に髪の毛を生やしたい、と願うのであれば、専門の薄毛治療ができる医療機関を選択すべきです。

専門機関であれば薄毛の原因を特定できる

真面目そうなメガネ姿の白衣を着た男性が試験管に入った血液を持っている 初老のドクター

 

専門的な薄毛治療クリニックでは、薄毛の原因を探ることができます。各種検査を実施しています。

 

一方の皮膚科などの医療機関では検査はほとんど行われていません。薄毛の原因を断定することができないのです。

 

想像してみましょう。体調が悪くて病院に行っているわけですが、検査しても原因がわからないのです。そこで風邪薬を出されるようなもの、と言っても過言ではありません。

 

専門クリニックであれば、なぜ髪の毛が抜けてしまうのか、薄くなってしまっているのか、ということがある程度分かるようになっています。専門性の高い検査も近年では積極的に行われているのです。

 

行える検査方法

薄毛治療専門クリニック

一般の医療機関(皮膚科など)

目視検査

目視検査

血液検査

血液検査

遺伝子検査

マイクロスコープ検査

頭皮撮影

 

特に注目して欲しいのが、遺伝子検査です。遺伝子検査を実施することで、エージーエー(男性型脱毛症)であるのかが判別できるようになります。

 

そもそもプロペシアやザガーロといった医薬品は、男性型脱毛症にしか効果がありません。遺伝子検査を受けなければ、それらの医薬品を利用しても効果があるのかがわからないわけです。

 

仮に遺伝子検査を行わない一般の医療機関でプロペシアを処方されて利用していたとしても、全く意味が無い、といったケースも少なからず報告されています。

2つ目|薄毛治療の実績が豊富であるか

薄毛治療の経験が少ないクリニックの利用は控えるべき

聴診器をブラ差h気ている、白衣を着たドクター 比較的若いと思われる ネクタイを締めている 髪の毛はフサフサである

 

薄毛治療をたくさん行っているクリニックであれば、様々なノウハウがあります。治療をしてたくさん生やしてきた、といった経験も重要になってくるわけです。

 

仮に費用が安かったとしても、年間で数件しか薄毛治療を行っていないクリニックは信用できるでしょうか。

 

ほとんど利用されていない、ということは信頼されていないクリニックである可能性もあるのです。

 

実績を調べる、ということは簡単ではありません。実は症例数を公表しているAGAクリニックはかなり少ないのです。

 

症例数を発表しているクリニック

メンズヘルスクリニック東京(旧城西クリニック) 17年間で150万人
ヘアメディカル 5クリニック合わせて)年間で30,000
AGAルネッサンスクリニック 年間で3,500

 

各クリニックによってかなりの差があることも事実です。年間で10倍以上も実績数に差があるケースも珍しくありません。

 

実績を確認する方法としては、医院数をチェックする、といった方法もあります。医院数が多い、ということはそのクリニックを利用している方が多い、といった証明でもあるからです。

 

【有名薄毛専門治療クリニックの医院数】

  • AGAスキンクリニック ・・・45軒
  • メンズヘルスクリニック東京(旧城西クリニック) ・・・1軒
  • AGAルネッサンスクリニック ・・・4軒
  • ゴリラクリニック ・・・5軒
  • HARG治療センター ・・・1軒
  • 高須クリニック ・・・5軒

 

※2016年9月現在

 

現状ではAGAスキンクリニックの数が圧倒的に多くなっています。薄毛治療専門クリニックの中には、1軒しかかまえていない、といったところも多くあり、医院数の差も症例数の差と深く関連しています。

3つ目|治療費が明確に示されているか

ホームページに明確に料金が示されていることが大事

お財布のイラスト 万札が3枚入っている シックなブラウン系の色合いの財布である

 

クリニックに行かなければどれくらいの治療費になるかわからない、といった状況は避けなければなりません。

 

薄毛が治るにしても、お金がいくらかかっても平気、とはならないわけです。

 

人それぞれ、薄毛治療にかけられるお金には限度があります。その範囲内の料金で治療できるクリニックを選択する、といったことが極めて重要になってきます

 

基本的に多くのクリニックでは治療費用を明確に示しています。例えば「プロペシア1ヶ月分で7,500円」と明示されているわけです。そのように記してあれば、前もってどのくらいの料金がかかるのか分かるので、安心して治療に入れるでしょう。

 

一方で、明確な料金がわからないケースもあります。

 

例えば、

 

  • 10,000円から
  • 150,000円~250,000円
  • 応相談
  • カウンセリング時に料金はお伝えします

 

上記のような記載のされ方であると、明確な治療費が見えてきません。

 

特に注意しなければならないのが、「応相談」となっているケースや「カウンセリング時に料金はお伝えします」となっているケースです。

 

なぜそのような表記の仕方をしているのかといえば、「料金がものすごく高いケース」、また「料金に自信がないケース」が考えられます。カウンセリング時にふっかけられる可能性もあるので、避けるのが吉ですよ。

 

費用の大体の相場に関しては、「AGAクリニックの利用にかかる費用とは」を参考にしてください。プロペシアの費用相場、オリジナル処方薬の相場、メソセラピーの相場、HARG療法の相場を記載しています。

4つ目|治療前に治療方針や期間を教えてくれる

治療の流れをしっかりと解説してくれるクリニックがおすすめ
  • これからどんな治療が実施されるのか
  • 治療期間はどのくらいかかるのか
  • そのようなケースに治療の切り替えが実施されるのか

 

上記のような説明が治療前に行われる、といった方針を持っているところを選択しましょう。薄毛治療は効果が出るまでに一定期間かかります。だからこそ今後の治療方針を把握しておかなければなりません。

 

どのような医薬品を利用して治療をするのか、メソセラピーやHARG療法を行うのか、といったことも聞いていなければ不安でしょう。

 

白衣を着たドクターが容姿を片手に何かしらを説明しているイラスト 男性高女性だかよくわからない 中性的

 

治療期間についても明確にしてもらわなければなりません。医薬品に関しては、継続的に長期間続けていくものです。一方メソセラピーやHARG療法は半年程度が一つの目安になるのです。

 

薄毛治療は必ず効果が出るものではありません。だからこそ効果が出なかった場合はどんな治療方法に移行するのか、といったことも教えてもらうべきです。

 

例えば最初はプロペシアのみの治療を行い、それで効果が出なかったらミノキシジルやビタミン剤も利用する、といった治療の流れを確認しておくわけです。

5つ目|頭髪の変化を毎回確認させてくれること

頭髪の写真撮影を実施してくれるところにお願いすること

 

薄毛治療をおこなう場合には、その治療の効果が出ているのか、といったことを把握しなければ意味がありません。もしも確認できないのであれば、治療の効果が出ているのかわからないのです。

白頭髪の状況を写真入撮影している場面 頭頂部の撮影をしていると思われる てっぺんハゲ 頭頂部ハゲ

 

AGA系のクリニックであれば、定期的に頭髪の写真撮影を行っています。その写真を確認することで、頭髪状況がどのように変化しているのかを確認できるわけです

 

頭髪状況の変化によっては、クリニック側が治療方針を変えてくることもあります。

 

臨機応変に対処をするためにも、髪の毛の状況変化をしっかりと感じ取れるような状況を作り出しているクリニックを選びましょう。

番外編|料金の安さはクリニックの選択項目に入れるべきか

入れても構わない

ジェネリック医薬品を説明したイラスト 通常の薬価よりも半分以下で利用できることもある 経済的なお薬

 

治療方法によってはかなりの費用の差があります。毎月かかる金額も大きく異なってくるわけです。

 

特にメソセラピーに関しては1回あたり20,000円から30,000円で利用できるところもあれば、80,000円程度かかってしまうところもあります。

 

 

 

価格差が大きい治療を受ける場合には、料金の安さも重要になってきます。

 

しかし基本的なAGA治療である医薬品の価格ですが、クリニックごとで大きな違いはありません。ジェネリックを利用しているクリニックは少し安くなるのですが、ジェネリックに関してもクリニック側のマージンが付加されるので同じような金額になってしまうこともあるのです。

 

医薬品治療を考えている方は、料金の安さに注目してもあまり意味はありません。

実績・費用で選んだAGAクリニックランキングBEST3

AGAクリニックおすすめランキングBEST3



スポンサードリンク