スカルプケアの最前線
メソセラポススカルプリキッド

AGAクリニックと皮膚科の違い|どちらに通うべきか

顔に出来物ができていると思われるイラスト 皮膚科の看板 グリーンのバックにホワイトとブラックで描かれている

 

発毛剤のプロペシアの登場によって、薄毛は一般の医療機関でも改善が目指せるようになりました。

 

そこで悩んでしまうのが、本格的なAGAクリニックを選択するのか、それとも皮膚科を選択するのか、ということです。

 

 

今回は、

 

 

を中心にお話します。最後に総合的な判断を下します。

 

どちらを利用して薄毛を治すのかは、自分自身でしっかりと考えて決断して下さい。決断を誤ってしまうと、薄毛のままになってしまうことも十分に考えられます。

効果の違い~発毛効果はAGAクリニック、頭皮対策は皮膚科~

皮膚科 発毛効果と頭皮環境の改善を主体としている
AGAクリニック 発毛効果を主体としている

 

皮膚科で得られる効果について

 

皮膚科の場合は、やはり皮膚の専門家であるドクターが所属しているのです。皮膚に関する疾患についての施術も行ってもらえるので、皮膚が問題になっている薄毛治療を受けることができます

 

その上で皮膚科であったとしても、発毛効果が期待できる薬剤を処方してもらえるわけです。

 

AGAクリニック(発毛クリニック)に関しては、皮膚の専門家というよりは髪の毛の専門家のドクターがいます。皮膚に対する治療も行おうと思えば行えますが、専門家ではなく、皮膚系の疾患を治療した経験がそれほどないケースもあるほどです。

AGAクリニックで得られる効果について

 

総合的なら発毛効果を得ることができます。皮膚科で詳報してもらえる発毛剤には限りがありますが、AGA系のクリニックであれば複数の発毛剤が利用できるのです。

 

仮に1つの発毛剤の効果が得られにくかったとしても、その他の発毛剤の効果が得られれば、髪の毛は生えてきますよね。皮膚科に比べて、より特化した効果が得られる可能性が高い、といったことが言えるわけです。

AGAクリニックと皮膚科の効果の違いまとめ
皮膚科 発毛効果は限定的、皮膚に対する治療の効果は高い
AGAクリニック 発毛効果が得られる可能性は極めて高い、頭皮対策の硬化は限定的

施術内容の違い~医薬品、施術方法の種類が多いAGAクリニック~

検査に関する違いについて
皮膚科 問診票に記入、頭皮の確認、触診、質問あり
AGAクリニック 問診票に記入、頭皮の確認、触診、質問あり、専門的検査あり

 

検査を実施している男性 試験官やスポイトを持っている もくもくと煙が経っている

 

大きく異なっているのが、薄毛に関する専門的な検査を行っているのか、という部分です。専門的な検査を行うことができれば、本当の薄毛の原因が確認できるのです。

 

皮膚科に関しては、ある程度の判断はできます。

 

 

たとえば、

 

  • 脂漏性皮膚炎が原因で薄毛になっているのではないか
  • ストレスが原因となっている円形脱毛症ではないのか
  • 一般的なAGAではないのか

 

といったことです。

 

しかしその程度の判断しかできないとなると、精度の高い薄毛治療はできません。もう少し深い部分までしっかりと調べなければならないのです。

 

AGAクリニックであれば、以下の様な検査が行えます。

 

血液検査 血液から健康などの状況を確認する
ミネラル検査 髪の毛からミネラルのバランスを確認する
アンドロゲンレセプター遺伝子検査 男性ホルモンの感受性を調べることができ、男性型脱毛症のかかりやすさを確認できる
AGAリスク遺伝子検査 効果が期待できる男性型脱毛症改善薬の調査ができる

 

血液検査を行うことで、病気などが発覚することもあります。病気による薄毛になっている可能性もあるのです。ミネラル検査を行うことで、どのミネラルが足りていないのか、といったことが分かり、ビタミン剤やミネラル剤の処方につながります。

 

ビタミンやミネラルは髪の毛の生成はもちろんですが、頭皮の生成にも大きく関わっています。ビタミンやミネラルが足りなくなってしまえば、当然薄毛になりやすくなり、抜け毛が増えたりすることも考えられるわけです。

 

アンドロゲンレセプター遺伝子検査を受ければ、男性型脱毛症になる確率がわかってくるのです。高い場合には、早めに予防対策を行えるようになります。また、いま自分の薄毛が男性型脱毛症であるのかも判断可能です。

 

AGAリスク遺伝子検査(AGA関連遺伝子発現量の測定)は最新の検査です。薄毛の改善薬にはプロペシアとザガーロ(デュタステリド)といった飲み薬があります。実はプロペシアでは効果が出ない人もいるのです。

 

AGAリスク遺伝子検査(AGA関連遺伝子発現量の測定)を受けることで、プロペシアとザガーロ(デュタステリド)のどちらに効果が期待できるのかが分かります。検査を受ければ、より効果の高い対策方法がわかるのです。

行える施術方法に違いがある
  • 皮膚科・・・飲み薬、塗り薬の処方
  • AGAクリニック・・・飲み薬、塗り薬の処方、自毛植毛、メソセラピー、HARG療法

 

皮膚科に関しては、発毛剤であるプロペシアの処方をしてもらえます。また、脂漏性皮膚炎になっている場合に関しては、抗真菌外用薬であるニゾラールクリームやステロイド外用薬が処方されます。

 

血管拡張作用があるフロジン液が処方されることもありますが、ミノキシジル系外用薬よりも効果は低めとなっています。ただし、安全性はミノキシジルよりも高いとされています。

 

数えきれないほどの錠剤、サプリメントが写っている画像 写真 飲み薬

 

AGAクリニックに関しては、利用できる薬が豊富です。飲み薬であれば、プロペシアやザガーロ(デュタステリド)、ミノキシジルタブレットといった発毛剤が利用できます。

 

塗り薬としても、ミノキシジル系外用薬の種類が豊富となっています。

 

海外のロゲインなどが利用できるAGAクリニックもあります。国内ではリアップの5.0%のミノキシジル濃度が最高ですが、海外のものであれば10.0%を超えるものもあります。

 

他にも自毛植毛やメソセラピー、そしてHARG療法もAGAクリニックでは行えます。幾つもある施術方法の中から自分に適したものを選択できる、といったメリットがAGAクリニックにはあります。

費用に違いあり~皮膚科のほうが圧倒的に安価である~

皮膚科 月あたり10,000円未満で済むことが多い
AGAクリニック 月あたり15,000円から30,000円程度はかかる、施術によっては100万円単位の費用がかかることも

 

皮膚科にかかる費用

 

円形脱毛症や脂漏性皮膚炎による脱毛症に陥っている場合には、保険適用で施術が受けられます。薬が処方されたとしても、2,000円から3,000円未満で済むことがほとんどなのです。

 

保険適用外であるプロペシアの処方をして貰う場合ですが、薬価は月に7,000円から8,000円程度です。2回目以降は薬だけ貰うことも可能なので、月に10,000円かかることはない、と考えられます。

AGA系のクリニックにかかる費用

 

薬だけで対処する場合でも、月あたり15,000円から30,000円が相場となっています。AGAクリニックでは、内服薬と外用薬、さらにビタミン剤などを組み合わせて1ヶ月分として出してくれるので高額化しやすいです。

 

自毛植毛は100万円を超えることも珍しくありません。HARG療法もメソセラピーも数十万円単位のお金がかかってしまいます。ある程度の余裕がなければ利用は難しいです。

AGAクリニックと皮膚科の比較|まとめ

総合的にはAGAクリニックのほうがおすすめ

比較項目

AGAクリニック

皮膚科

効果

多角的な発毛効果が狙える 発毛効果がある施術方法は一つ(プロペシア)、頭皮改善対策利用としては有効

施術内容

様々な施術方法が利用可能 発毛対策は限られている

費用

高額である 安価であるがプロペシアは保険適用外

 

AGAクリニックが効果の面と施術内容では上回っていることが分かります。一方で、費用の面に関しては、皮膚科のほうが上であることは間違いありません。

 

効果を取るか、それとも費用を取るか、といったところで悩んでしまいます。ただし効果がなければ意味がありません。

 

こちらでは皮膚科よりもAGAクリニックのほうがおすすめ、とさせてもらいます。

費用をシミュレーションしてみよう

1年間の継続治療を受けた場合(医薬品のみ)

皮膚科にかかる費用 初診料5,000円程度+月あたり7,000円から8,000円×12ヶ月
AGAクリニックにかかる費用 初診料、検査費用10,000円程度+月あたり15,000円から30,000円×12ヶ月

 

皮膚科の場合は、年間で90,000円から100,000円程度の費用がかかります。
AGAクリニックの場合は、年間で200,000円から400,000円程度がかかります。

 

もちろん薄毛治療は1年だけ続ければよいのではありません。5年10年と続けていくことになるわけです。費用の差はどんどんと大きくなります。

 

AGAクリニックを利用しようと思っている方は、ある程度の出費を覚悟しなければなりません。

実績・費用で選んだAGAクリニックランキングBEST3

AGAクリニックおすすめランキングBEST3



スポンサードリンク