スカルプケアの最前線
メソセラポススカルプリキッド

更新日:2019/03/15

気をつけろ!選んだらダメなタイプのAGAクリニック

 

薄いブルーの爽やかなシャツを着た男性が鑑を前に髪の毛をセットしている、M字部分を気にしている様子、手に博し、机の上には育毛剤らしきものが乗っている

AGAクリニックは大手や中小を含めるとかなりの数に上ります。特に東京ともなると多くのAGAクリニックが集中しているので、迷ってしまう方が続出中です。

 

そこで注目をしてほしいのが、ダメなクリニックの特徴です。

 

前もって把握していれば、AGAクリニック選びでの失敗を減らせる、ということにもなるわけですよね。

 

今回は選んだらダメなクリニックに共通する特徴を幾つか紹介していきます。

カウンセリング時の説明が下手である

こちらの質問にうまく応えられない

 

¥グレーのシャツを着た男性が腕を組んでよくわからない表情をしている、レッドのはてなマークが顔の近くに浮かんでいるイラスト、画像

質問をしても明確な答えが返ってこない、というようなことではダメです。相手がドクターであったとしても、カウンセラーであったとしても関係ありません。こちらの質問に答えられないようなことでは信用できないのです。

 

そもそもAGA治療を受けるということは、こちらは相当悩んでいるわけです。その悩んでいる方の気持ちを組んでくれるような取り組みをしているクリニックでなければなりません。

 

我々の大事な髪の毛を託することになりますよね。もしも知識もノウハウもないようなクリニックにお願いしてしまえば、大事な髪の毛が危険にさらされてしまうかも。そうなってからでは遅いのです。

見極め方とは?

 

必ずカウンセリング時には質問をすることです。説明内容に関しては、基本的にマニュアルが有るはずなので、そつなくこなしてきます。問題は「想定外な質問をされた時に応えられるのか」という部分です。

 

しておきたい質問例

このコースを選択したら、年間でどのくらいの費用が発生するのか?

この薬剤とこの薬剤を利用したら、副作用が強く出ることはないのか?

この薬の主な効果と副作用は?

このクリニック利用者で、目に見えるような改善をした人の割合は?

逆に薄くなることはないのか?(初期脱毛の説明をしてくれるか?)

 

オリジナリティのある質問をすることが必要です。上記したのはあくまで一例なので、自分のしたい質問を行う、ということで問題ありません。自分の不安を取り除くこともカウンセリングでは大事なことなんです。

 

もう一つ見極め方で重要になってくるのが、自分たちからリスク面についての説明をするか、という部分です。

 

  • 効果が出ない人がいるという事実も伝えるか?
  • 総額(1年間)でどれくらいの費用がかかる、ということを伝えるか?
  • 副作用が発生する可能性がある、ということを伝えるか?

 

AGAクリニックで行っている主な治療は、発毛剤によるものです。医薬品なので、どうしても副作用が出てしまいます。「絶対に出ない」ということはありえないので、その説明は重要です。

 

全員が治療を受けたからと行って効果が出るわけではありません。「必ずしも髪の毛が生えてくるわけではない」ということを伝えてくれる、といったことも大事なのです。

問題外のクリニックの特徴

 

ゆるふわタイプの女子力の高い女の子が指でばってんを作っている、ブルーのナースのコスチュームを着ている、清潔感がある女性、写真、画像、

カウンセリング時に、勧誘ばかりしてくるクリニックは問題外です。高額なコースばかりを勧めてきたり、シャンプーやコンディショナーといった育毛アイテムを勧めてきたりするところもあります。

 

カウンセリングでは治療内容の説明、といったものが非常に大事なのです。こちらの不安を取り除くのが主たる目的のはず。であるにも関わらず、自分たちの利益を優先してしまうような行為は言語道断です。

 

もしもカウンセリングで勧誘ばかりしてくれるクリニックであった場合には、通院中も勧誘を受けることになるでしょう。通うのが億劫(おっくう)になるので、見切りをつけるべきです。

料金設定が明示されていない

確実な治療費をなかなか明らかにしてくれない

 

そろばんおイラスト、指で弾いて数字を計算するアイテム、江戸時代も利用されていた、暗算にも役立つ、昔は小学生がよく習っていた

AGA治療をAGA治療クリニックで受けるにあたり、費用はかなり大事です。費用が明確化されていなければ、一体どのくらいお金がかかってくるのか分かりませんよね。

 

薄毛に治療にかけられるお金は人それぞれ異なっています。ひと月あたり10,000円や20,000円しかかけられない、という方もいるかもしれません。

 

もちろん中には50,000円や100,000円かけられる、という方もいるでしょう。

 

治療費を明確にしてくれていれば、自分の予算の範囲内で対応してもらえるかも判別可能です。クリニック選びも、より確実なものになります。

 

では、以下に例を上げてみましょう。どちらのクリニックのほうが信頼できるでしょうか。

 

Aクリニックのケース

プロペシア

ひと月あたり8,000

ミノキシジル(外用薬)

ひと月あたり8,000

オリジナル治療薬

ひと月あたり30,000

HARG療法

1回あたり80,000
  

Bクリニックのケース

プロペシア

ひと月あたり6,000円から

ミノキシジル(外用薬)

ひと月あたり7,000円から

オリジナル治療薬

応相談

HARG療法

カウンセリング時にお伝えします

 

もちろん「Aクリニック」のほうが信頼できる、ということになります。確かにBクリニックのほうがプロペシアやミノキシジルだけであれば、安く済ませられる可能性があります。しかし「〇〇〇〇円から」という表現には気をつけましょう。高額の請求がされてしまう可能性もあるのです。

 

とても厄介なのが「応相談」と「カウンセリング時に伝える」という表現です。とにかくカウンセリングに行かなければ料金が教えてもらえないわけです。

 

クリニックとしてはカウンセリングに来てもらって「そこでしっかりと説明したい」という気持ちがあるかもしれませんが、人によって金額を変えてくる、といった可能性もあります。

 

自由診療と書かれているイラスト、保険外診療と書かれているイラスト、一般的に治療費が膨大になることもある、30%負担ではなく100%負担になってしまう

AGAクリニックの治療ですが、自由診療となっています。金額はクリニックが自由に決められるので、クリニックごとに違う金額で薬剤を出してもよいのです。

 

 

クリニックのホームページをチェックしてください。そこには必ず治療費が掲載されているページが有ると思います。「30,000円」、「15,000円」、「8,000円」などと、金額を言い切っているところを選択しましょう。

 

AGAクリニックとは長い付き合いになります。5年や10年通うかもしれません。だからこそ金額的にも信頼できるクリニックを選択すべきなのです。

薬剤の費用だけに注目しないこと
  • 各種検査費用にも注目をすること(血液検査・遺伝子検査・毛髪ミネラル検査費用など)
  • カウンセリング費用にも注目すること(基本的には無料対応が多い)
  • 再診料にも注目すること(1回毎にかかってくる恐れがあるので必ず確認すること)

 

AGAクリニックではザガーロやミノキシジルタブレットなど、基本的に薬剤の治療を行います。多くの方は薬剤にのみ注目してしまうんです。それが良くありません。

 

クリニックにかかる費用は薬剤に対するものだけではありません。再診料もかかってくるかもしれませんし、血液検査については3ヶ月に1回や6ヶ月に1回、といったペースで行われることもあるのです

 

白いゴム手袋をハメている女性が血液が入った試験管を持っている、バーコードが貼り付けられており、個人を識別していると思われる、白衣を着ている女性、薬剤師だろうか

血液検査費用一つを取ってみても、1回あたり3,000円としているところもあれば、5,000円としているところもあります。さらに高額な費用を請求してくるところもあります。

 

通うと「総額でいくら掛かるのか」ということはカウンセリング時に必ず確かめましょう。薬剤は安かったとしても、総額で費用がかさんでしまっては意味がありません。

クリニック内の雰囲気が良くない

清潔感がない

 

白床の上にたっぷりとホコリが溜まっている画像、不衛生な状況であり、定期的に精巣をしていないものと思われる

クリニック内が不潔なイメージがする場合は、おすすめのクリニックとはいえません。AGAの施術では、頭皮をチェックすることもあります。

 

HARG療法やメソセラピーといった、薬剤を直接頭皮に注入するような治療も実施されるのです。

 

仮に不衛生なクリニックでそのような施術を受けてしまうと、頭皮から菌が入ってしまうかもしれません。

物が整理整頓されていない

 

机の上に資料などがうず高く積まれている写真、どこにどのような書類があるのか把握できないものと思われる、女性がそのような状況の中電話対応に追われている、物が多すぎる、断捨離すべき

 

患者目線に立っていないクリニックです。

 

受付などに資料が山積みにされていたり、ドクターの机が散らかっていたり、というような状況であった場合には「良い治療が受けられない」ということも十分に考えられます

 

 

整理整頓されていない、というのは前述した不潔なイメージにも直結してきます。定期的にクリニック内を清掃していない、ということでもあるのです。

 

頭皮に悪影響のある施術を受けることになってしまえば、さらに薄毛になってしまうかもしれません。薄毛を治すためにクリニックに行っているのですから、クリニック内の雰囲気、というものは確認しておくべきです。

スタッフやドクターの感じが悪い

 

言葉遣いが悪かったり、対応がしっかりとしていない、と感じたりしたらそのクリニックを利用すべきではありません。

 

確かにスタッフやドクターの対応面での質が悪かったとしても効果があれば良い、といった考え方もあります。しかしAGAクリニックの主な治療は薬剤です。

 

もちろん適切な薬剤を提供する、といった役割がドクターあることは事実ですが、無理をして対応の悪いところを利用し続けることはないんです。長い付き合いになるので、気持ちよく利用できるところを選択しましょう。

問題外!誓約書を書かせようとしてくる

「生えるまで治療を続ける」という誓約書にサインを求めてくる

 

誓約書の写真、山田太郎と書かれている、誓約書はコピー用紙1枚ではあるが、極めて重要な書類である

 

驚いてしまうかもしれませんが、実際にあったことです。

 

とあるAGAクリニックに通ってカウンセリングを受け、いよいよ契約を結ぼうとしたら「生えるまで治療を続ける」と記された契約書が出てきた、といったケースが報告されています。

 

途中で治療をやめたら違約金が発生するクリニックだったのです。確かにクリニックとしては、長期的に利用できる患者さんがほしいのかもしれません。しかし治療を続けるのも辞めるのも患者の自由です。

 

途中で治療をやめようとしたら、高額の違約金を請求された、といったケースも出てきています。誓約書や契約書に関しては、事前に必ずチェックしてください。読み込んでわからない部分があれば説明を求めてください。

 

全てを確認し納得ができたら、その時点で初めて契約を結ぶべきです。

まとめ

焦って契約を結ばないこと

 

薄毛になっていると、すぐにでもどうにかしたい、といった気持ちが生まれてしまいます。それは仕方のないことかもしれません。これ以上薄くなる前に治療を受けてどうにかしたい、と思うものですよね。

 

しかし誤ったクリニック選びをしてしまえば、薄毛治療を続けること自体が負担になってしまいます。対応が悪いクリニックであれば、通うたびにストレスが溜まってしまうことも。

 

重要なのは、クリニックに対する知識です。カウンセリングに申し込む前に、ホームページの隅々までチェックしてください。「どのような治療を行っているのか?」「費用はどの程度かかるのか?」。その程度は調べておくべきです。

 

注意してほしいのは、ホームページと実際の説明が異なる、というケースです。事前の説明と異なっているということになり、そのようなクリニックはかなり危険なので絶対に選択しないでください。高額な費用を請求する悪徳なクリニックかもしれませんよ。

実績・費用で選んだAGAクリニックランキングBEST3

AGAクリニックおすすめランキングBEST3



スポンサードリンク