スカルプケアの最前線
メソセラポススカルプリキッド

AGAスキンクリニックVSヘアメディカルグループ

「何が違うの?」と怪訝な顔をしている女性

ヘアメディカルグループもAGAスキンクリニックもAGAクリニックに興味がある方であれば誰もが知っている、という抜群の知名度を誇っています。

 

どちらも同じくらいの能力を持ったAGAクリニックと思っている方が多いのではありませんか?

 

確かに二つのクリニックには似ている部分もあるかもしれません。しかし全てが一緒なのではありません。実はいくつか違う部分もあるのです。

 

料金や薄毛の治療方法の種類、さらにはクリニックのある地域も異なっているので利便性の違いというものまであるわけです。

 

こちらではヘアメディカルグループとAGAスキンクリニックを細かい部分まで比較していきます。「オーダーメイド治療に関する比較」「治療内容の比較(治療の種類や料金)」「利便性の比較」「その他の細かい比較」の4つの分野をメインとして優劣をつけさせてもらいました。

 

AGAスキンクリニックVSヘアメディカルグループの詳細比較

※以下、価格はすべて税抜きです。

 

比較項目

AGAスキンクリニック

ヘアメディカルグループ

オーダーメイド治療

あり あり

オーダーメイド治療費用

14,000円から36,000

15,000円から32,000

オーダーメイド治療内容

フィナステリド
ミノキシジル
アミノ酸
ビタミン

フィナステリド
ミノキシジル
抗炎症剤
ビタミン類
(外用薬あり)

薄毛治療の種類(※1

5種類 3種類

月々の治療費

3,400円から 11,000円から

初診料(再診料)

5,000円(0円) 5,000円(5,000円(※2))

店舗数

50 5

本院最寄り駅

秋葉原駅 東京駅

予約制

予約制 完全予約制

遠隔診療

対応 未対応

男性専用

男性専用 院による(※3

 

※1.薄毛治療の種類は、「内服薬」「外用薬」「サプリメント」「メソセラピー」「HARG療法」「植毛」のうち何種類行っているかを記載したものです。
※2.ヘアメディカルグループの再診料は単剤治療のみかかってきます。オーダーメイド治療などの複数の薬剤を用いた治療の場合は、再診料は無料です。
※3.東京院のみ男性専用です。

オーダーメイド治療の詳細比較|内容・費用など

AGAスキンクリニックのオーダーメイド治療

名称

オリジナル内服薬+外用薬「Rebirth

カウンセリング費用

無料

初診料

5,000円(無料キャンペーンあり)

再診料

無料

血液検査費用(2回)

20,000円(無料キャンペーンあり)

費用(1ヶ月あたり)

内服薬のみ:14,000円から22,000
外用薬のみ:14,000
内服薬+外用薬28,000円から36,000

内容

ミノキシジル(内服薬、外用薬)
フィナステリド
サプリメント(アミノ酸やビタミン)

 

ヘアメディカルグループのオーダーメイド治療

名称

アドバンスト発毛治療

カウンセリング費用

無料

初診料

5,000円+5,000円(血液検査費用)

再診料

無料

血液検査費用

3,000円(半年に1回実施)

費用(1ヶ月あたり)

15,000円から32,000

内容

フィナステリド
ミノキシジル
抗炎症剤
ビタミン類(外用薬あり)

 

費用に関する詳細比較
  • AGAスキンクリニック・・・月々14,000円から36,000円
  • ヘアメディカルグループ・・・月々15,000円から32,000円

 

若干ヘアメディカルグループのオーダーメイド治療のほうが安い費用で受けられます。ただし人それぞれどのような治療を受けるかはわかりません。使う薬剤に関しても個人差があるので、月々の費用で優劣を決めるのは難しいです。

 

双方ともに再診料は月々の費用に組み込まれている、といった特徴があります。ですから医薬品の代金に再診料がプラスされて請求される事はありません。

 

初期費用に関しては、AGAスキンクリニックは最大で25,000円(初診料+血液検査費用)かかります。ヘアメディカルグループは10,000円(初診料+血液検査費用)です。ヘアメディカルグループのほうが有利にも感じられますが、AGAスキンクリニックでは2017年11月現在でキャンペーンを実施しており、一定条件をクリアすると無料になります。

 

1年間のランニングコストも確認してみましょう。

 

※毎月の費用が最も高額であった場合でシミュレーションします。

 

AGAスキンクリニックのランニングコスト(1年間)

初診料

5,000円(無料の場合も)

血液検査費用(2回)

20,000円(無料の場合も)

月々の費用

36,000円×12ヶ月

合計

457,000円(432,000円※)

 

※初診料と血液検査費用がかからなかったケース

ヘアメディカルグループのランニングコスト(1年間)

初診料

5,000円+5,000円(血液検査費用)

月々の費用

32,000円×12ヶ月

血液検査費用

3,000円×2

合計

397,000

 

治療の内容で詳細比較
  • AGAスキンクリニック・・・ミノキシジル(内服薬、外用薬)、フィナステリド、サプリメント(アミノ酸やビタミン)
  • ヘアメディカルグループ・・・フィナステリド、ミノキシジル、抗炎症剤、ビタミン類(外用薬あり)

 

ヘアメディカルグループでは頭皮環境の悪化がある方に対して、抗炎症剤を処方しています。AGAスキンクリニックでは処方していないもので、頭皮に炎症がある方にとってはヘアメディカルグループのオーダーメイド治療のほうがおすすめできるわけです。

 

炎症が発生している頭皮 頭皮ニキビがある坊主頭

抗炎症剤以外には特に違いは見受けられません。発毛剤のフィナステリドとミノキシジル、そしてビタミン剤などのサプリメントを処方しています。

 

 

ちなみに外用薬としてのミノキシジルは頭皮に悪い影響を与えます。炎症やニキビなどを発生させてしまうのです。お肌が弱い、という方はやはり抗炎症剤を処方してくれるヘアメディカルグループのほうがおすすめできるわけです。

薄毛治療の詳細比較|内容・費用など

AGAスキンクリニックの薄毛治療の詳細

薄毛治療の種類

内服薬

外用薬

サプリメント

メソセラピー

HARG療法

×

植毛

費用

  • ジェネリック(プロペシア)3,400円(初回)から6,000
  • プロペシア4,200円(初回)から7,000
  • ザガーロ4,800円(初回)から8,200
  • Drsメソ治療 (AGAメソセラピー) 50,000/回(2cc)から70,000/回(4cc)
  • AGA幹細胞再生治療60,000/(2cc) から80,000/(4cc)
  • LED治療ヘアビーム(Hair Beam250,000

 

ヘアメディカルグループの薄毛治療の詳細

薄毛治療の種類

内服薬

外用薬

サプリメント

メソセラピー

×

HARG療法

×

植毛

×

費用

  • プロペシア錠(MSD社製)30(1ヶ月分)6,500円・90錠(3ヶ月分)18,500円(ひと月あたり約6,167円)

  • フィナステリド錠(ファイザー社製)30(1ヶ月分)6,000円・90錠(3ヶ月分)17,000円(ひと月あたり約5,667円)

  • ザガーロカプセル0.5mgGSK社製)30(1ヶ月分)9,500円・90(3ヶ月分)27,500円(ひと月あたり約9,167円)

 

 

薄毛治療の種類に関する詳細比較
  • AGAスキンクリニック・・・内服薬、外用薬、サプリメント、メソセラピー、シャンプー、トリートメント、AGA幹細胞再生治療、ED治療ヘアビーム、自毛植毛
  • ヘアメディカルグループ・・・内服薬、外用薬、サプリメント

 

薄毛治療の種類は圧倒的にAGAスキンクリニックが多くなっています。シャンプーやトリートメントといった発毛効果が確かめられていない、いわゆる育毛グッズも含んでいますがたくさんの選択肢を我々に提供してくれるクリニックです。

 

ヘアメディカルグループは一般的な発毛治療しか行っていません。メソセラピーも植毛も実施していないので、基本的には薬剤のみで発毛を目指すことになります。

 

AGAスキンクリニックに関しては、発毛剤治療で効果がなかったとしてもまだ対処できるわけです。発毛剤よりもより効果が高いとされるメソセラピーも用意されていれば、奥の手とも言える自毛植毛まで可能です。

薄毛治療の費用に関する詳細比較

【プロペシアジェネリックのひと月あたりの最低価格比較】

 

  • AGAスキンクリニック・・・6,000円
  • ヘアメディカルグループ・・・約5,667円
※初回特別料金を除く

【ザガーロのひと月あたりの最低価格比較】

 

  • AGAスキンクリニック・・・8,200円
  • ヘアメディカルグループ・・・約9,167円

※ヘアメディカルグループは発毛剤の処方しか行っていないので、こちらでは双方が処方しているプロペシアジェネリックとザガーロを比較しました。

 

薬剤によってどちらのクリニックが有利になるか変化してくるので、薄毛の単剤治療の費用については甲乙つけがたい状況となっています

 

プロペシアジェネリックはヘアメディカルグループが有利であり、ザガーロについてはAGAがスキンクリニックのほうが有利なのです。単剤治療を望んでいる方は、自身が利用したいと考えている薬剤を比較して優劣をつけてください

利便性の詳細比較|クリニック数・立地・営業時間など

AGAスキンクリニックの利便性に関わる詳細

店舗数(提携院込み)

50院(関東20院・近畿7院・九州5院)

本店住所

東京都千代田区神田松永町11 秋葉原メディカルモール6F

本店最寄り駅

各線「秋葉原駅」中央改札口より左へ徒歩1

営業時間

午前10時から午後9時まで

休業日

年中無休

 

ヘアメディカルグループの利便性に関わる詳細

店舗数(提携院込み)

5院(関東2院、近畿1院、九州1院)

本店住所

東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内10F

本店最寄り駅

JR東京駅の「八重洲南口」 東京駅と地下道が直結

営業時間

  • 水曜:午後1時から午後7
  • 木・金曜:午前10時から午後1時、午後2時から午後7時まで
  • 土曜:午前930分から午後1時、午後2時から午後7時まで
  • 日曜:午前930分から午後1時まで、午後2時から午後6時まで

休業日

月曜日、火曜日
店舗数に関する詳細比較
  • AGAスキンクリニック・・・全国に50院あり
  • ヘアメディカルグループ・・・5院あり

 

全国に店舗を構えているAGAスキンクリニックのロゴマーク

店舗数はAGAスキンクリニックが圧倒的に勝っています。

 

 

店舗数が多いということは、地方に引っ越しをしたとしても同じ治療を継続して受けられる可能性が高いわけです。

 

ヘアメディカルグループも東京や大阪、そして名古屋や福岡など主要な地域にクリニックを構えています。しかし北陸や東北など空白地帯があるのも事実です。

店舗への通いやすさに関する詳細比較
  • AGAスキンクリニック・・・ほとんどのクリニックが最寄り駅から徒歩3分圏内
  • ヘアメディカルグループ・・・ほとんどのクリニックが駅チカ

 

店舗への通いやすさに関しては大きな違いは見受けられませんでした。
どちらのクリニックも駅から近くに院を構えており、駅から10分も20分も歩かされるような心配はありません。

営業時間と定休日に関する詳細比較
  • AGAスキンクリニック・・・午後9時まで診療、年中無休
  • ヘアメディカルグループ・・・午後6時から7時まで診療、月曜と火曜が休み

 

仕事が終わってから職場から直接AGAクリニックに通いたい、という方はAGAスキンクリニックがおすすめです。午後5時や6時で仕事が終わる方であれば、仕事終わりでも十分に通えます。

 

またAGAスキンクリニックは年中無休なので、週末や祝日でも開院しています。好きな時に利用できるメリットがあるわけです。

 

ヘアメディカルグループは営業時間と定休日の比較では分が悪いです。

その他の詳細比較|遠隔診療の対応・男性専用など

比較項目

AGAスキンクリニック

ヘアメディカルグループ

遠隔診療

×

男性のみ

△(東京院のみ男性専用)

予約制

近くにクリニックがなかったとしてもスマホやパソコンなどを介して診察を受けられるのが「遠隔診療」です。ざわざわ通院する必要が無いので大ブームとなっているのですが、AGAスキンクリニックは対応しておりヘアメディカルグループは対応していません。ヘアメディカルグループは通院しなければ治療を受けられない、ということになります。

 

心理面的な負担を軽減するのを目的として、AGAクリニックの一部は男性専門としています。女性も通院するとなると、待合室で鉢合わせしてしまうかもしれません

 

AGAスキンクリニックは男性専用であり、ヘアメディカルグループは東京院のみ女性も通うクリニックとなっています。

 

予約制を採用している、という部分では二つのクリニックに違いはありません。予約を入れて診察をうけることになるので、基本的に待たされることはありません。もちろん診察をうけるためには前もって予約を入れなければならないので注意しましょう。

 

ちなみに通院時に次回の予約を入れることがほとんどとなっています。もちろん予定がわからずに診察日に予約を入れられないこともあるでしょう。そういったケースでは、予定がわかってから電話で予約をお願いすればOKです。

実績・費用で選んだAGAクリニックランキングBEST3

AGAクリニックおすすめランキングBEST3



スポンサードリンク