スカルプケアの最前線
メソセラポススカルプリキッド

更新日:2019/03/15

AGAクリニックVS個人輸入代行

個人輸入代行サービスの利用イメージ

AGA治療にはいくつかの方法があります。専門的な治療を受ける方法としてAGAクリニックがあります。そして自分自身のみの判断で発毛剤を輸入して治療を行う個人輸入代行サービスがあります。

 

こちらではそのAGAクリニックと個人輸入代行サービスにおけるAGA治療の違いを明らかにします。どちらを利用したら良いのでしょうか。

 

治療効果や安全性、そして費用などについて一つずつ比較していきます。AGAクリニックを利用しようか個人輸入代行サービスを利用しようか悩んでいる、という方は要チェックです。

 

治療効果はどちらのほうが高いのか?

AGAクリニックの治療のほうが高い効果を得られやすい
AGAクリニックは検査を受けた上で治療が受けられる
AGAクリニックは薬剤による治療以外の施術も用意している

専門家の判断により薬を処方してもらえる(発毛剤以外の処方も可能)

 

「AGAクリニックも個人輸入代行サービスも、どちらも同じ薬剤で治療するので効果は同じなのでは?」と思っている方もいるでしょう。しかし効果の精度などに大きな違いがあることも確かなのです。

【検査について】

 

個人輸入代行サービスでは検査が受けられません。AGAクリニックであれば「AGA遺伝子検査」や「ジヒドロテストステロン検査」などが受けられるわけです。

 

  • AGA遺伝子検査 AGAが発症しやすい体質であるかを検査できる
  • ジヒドロテストステロン検査 プロペシア(フィナステリド)の効果が得られやすい体質であるかを確かめられる

 

薄毛の原因はAGAだけではありません。円形脱毛症やびまん性脱毛症など様々なものがあるわけです。仮にびまん性脱毛症や円形脱毛症であった場合には、いくらAGA治療を受けたとしても効果が現れることはありません。

 

AGA遺伝子検査を受ければ、薄毛の原因がAGAであるかを判別できるようになるわけです。AGAが原因の可能性が高い、ということであればAGA治療を受ければよいのです。AGAの可能性が低いということであれば、AGA治療を治療以外の処置がおすすめとなります。

 

ジヒドロテストステロン検査は、あなた自身にどのような治療法が適切であるかを判断できるものとなっています。プロペシア(フィナステリド)の効果を確かめられるので、効果が高いと判断されればプロペシアによる治療が適切となります。一方で効果がない場合には他の治療薬の利用がおすすめ、となるわけです。

 

クリニックで検査を受ければどのような治療が適切であるかが判別できるので、より高い効果が得られる治療方法を選択しやすくなるのです。

 

自宅でAGA遺伝子検査を受けることも可能です。

【薬剤以外の治療について】

 

個人輸入代行サービスに関しては、基本的に発毛剤の戸入扱いしかありません。ミオノキシジルやフィナステリドさらにはデュタステリドなど様々な薬剤は取り扱っているのですが、AGAクリニックで行っているものの中には利用できないものもあるわけです。

 

個人輸入代行サービスではできなくてAGAクリニックでは出来ること

HARG療法

メソセラピー

植毛

 

HARG療法について詳しくはこちら

メソセラピーについて詳しくはこちら

自毛植毛について詳しくはこちら

 

HARG療法もメソセラピーも自毛植毛も全て医療行為になります。ドクターでなければできない施術となっているので、個人輸入代行サービスではもちろん取扱いはありません。植毛を通販で利用できるわけがありませんよね。

 

HARG療法療法やメソセラピーは成長因子や幹細胞、さらにはミノキシジルやフィナステリドなどを直接皮下に注入します。飲んだり頭皮に塗布したりするよりも、より高い効果が得られるとされているのです。

 

AGAクリニックのほうが、より高い効果が期待できる施術を利用できるわけです

 

植毛に関しては最後の手段、と言っても良いかもしれません。自分の毛を移植するので、確実に生えてきてくれるわけです。薄毛の根本解決も期待できます。植毛した毛は後頭部や側頭部のAGAの影響を受けないものなので、メンテナンスフリーは生え続けてくれます。

 

個人輸入代行サービスで仮に薄毛に効果がある薬剤を利用できたとしても、継続利用していかなければ効果は維持できません。

【ドクターによる判断と薬剤などの処方について】

 

個人輸入代行サービスを利用する時は全て自己判断で薬を購入することになるわけです。その薬が自分にマッチするかはわかりませんよね。

 

AGAクリニックで処方された薬に関しては、頭髪の専門家であるドクターが判断して処方してくれたものです。より効果が出る可能性が高いわけです。

 

注目してほしいのがAGAクリニックの多くで取り入れているオーダーメイド治療薬です。オーダーメイド治療薬は、内服薬や外用薬、さらにはサプリメントも処方してくれるのです。

 

サプリメントに関しては、専門家であるドクターが患者さんそれぞれに合わせたものを処方してくれます。血液検査の結果も参考にしますし、生活習慣なども参考にして不足しているような栄養素を処方してくれるわけです。

 

オーダーメイド治療薬で処方されるサプリメントに含まれている成分例

ビタミン

ミネラル

アミノ酸など

 

髪の毛が生えるのを手助けしてくれるサプリメント ビタミンやミネラル

ビタミンやミネラルは髪の毛の生成だけではなく、頭皮の生成にも関わっています。サプリメントの利用は頭皮環境の改善、という面でも大きなプラスがあるわけです。

 

 

アミノ酸に関しては髪の毛の生成に関わっています。髪の毛はタンパク質が主成分ですが、タンパク質だけでは生成されません。アミノ酸がタンパク質を髪の毛に変化させてくれるわけです。髪の毛の成長力にもサプリメントは関わっているのです。

例外|個人輸入のほうが効果の高い薬剤が利用できるケースも

 

塗布タイプのミノキシジルですが、濃度というものが大きく関わっているのです。濃度が高いほうが高い効果が得られやすい、とされています。

 

AGAクリニックのミノキの濃度 5%のものが多い
個人輸入のミノキの濃度 1%から16%のものを取り揃えている

 

AGAクリニックではミノキシジルの濃度に関してはそれほど高いものは用意していません。濃度が高いものであったとしても10%程度です。一方、個人輸入で取り扱っているミノキは最高で16%というものもあります(ポラリス)。

 

ただし濃度が高くなると危険性も増すので注意しなければなりません(詳しくは副作用の項目にて解説します)。

価格はどちらのほうが低いのか?

個人輸入代行サービスが圧倒的に有利

 

個人輸入代行サービスを利用する時は外貨での取引になる

AGAクリニックで処方される薬剤に関してはかなり高額な設定です。薬剤の費用の中には診察料なども含まれていると考えられ、そのぶん高い金額になっているわけです。

 

 

 

ただし最近ではAGAクリニックについても、ジェネリック医薬品を取り扱うようになりました。正規品の薬剤よりもかなり安く利用できるようにもなりつつあるので、価格差に関しては埋まってきている、という見方もできます

 

薬剤ごとの価格相場の比較~1ヶ月あたり~

薬剤名

AGAクリニックの相場 

個人輸入の相場

プロペシア

7,000円台程度  4,000円台から5,000円台程度

プロペシアジェネリック

4,000円から5,000円前後  1,000円程度

ミノキシジル(塗布タイプ)

5,000円から8,000円程度 3,000円から5,000円程度

 

※個人輸入の相場に関しては個人輸入代行サイトである「オオサカ堂」を参考にしました。
※個人輸入の価格に関しては為替相場によっても大きく変動します。

 

プロペシアとプロペシアジェネリック、さらにミノキシジル(塗布タイプ)のAGAクリニックにおける価格相場を知りたい方はこちら

AGAクリニックは様々な費用が発生する可能性あり

 

再診料

1回あたり3,000円から5,000円(無料のケースが多い)

血液検査費用

1回あたり5,000円から10,000円程度

AGA遺伝子検査

15,000円から20,000

ジヒドロテストステロン検査

15,000円から20,000

交通費

個人差あり

 

AGAクリニックでは再診のたびに料金が発生する可能性もあります。1回あたり3,000円から5,000円ですが、1ヶ月に1回通うことを考えると年間で36,000円から60,000円程度も余計に費用が発生しまうこともあるのです。節約したいのであれば、再診料がかからないAGAクリニックを利用しましょう。

 

交通費についても考えておかなければなりません。1回あたり1,000円掛かるのであれば、月イチの通院としても年間12,000円余計にかかってしまう計算です。

個人輸入代行を利用すると送料が発生するのでは?

 

送料無料としているケースが多くなっています。

 

個人輸入代行サイトにもよりますが、基本的にはプロペシアジェネリック100錠などまとめて販売しているのです。ですから送料は商品代金込みのような対処をしているわけです。

 

ただし1商品あたり1,000円未満や2,000円未満といったものは別途送料がかかってくる可能性もあります。事前に各サービスの送料については調べておきましょう。

副作用の危険度はどちらのほうが低いのか?

AGAクリニックの方が危険度は低い

 

眼鏡をかけたドクターが発毛系医薬品について説明している

AGAクリニックと個人輸入代行の大きな違いは信頼性です。AGAクリニックはドクターが責任を持って医薬品を処方しているのです。一方で個人輸入代行サービスに関しては、医師がほとんど関わっていません。薬剤師が関わっているかも怪しいところです。

 

特に注意してほしいのが「偽薬」の存在です。個人輸入代行サービスで取り扱っている発毛剤には少なからず偽薬が紛れ込んでいます。

 

偽薬といっても有効成分を全く含んでいないわけではありません。有効成分は含まれているのですが、規定通りの量を配合していないケースが多いのです。たとえばフィナステリド1ミリグラムと記載されていたとしても、0.7ミリグラムしか含まれていなかったり1.5ミリグラムも含まれていたりしているかもしれません。

 

規定の容量よりも少なければ発毛効果が得られないかもしれません。規定の容量よりも多ければ、副作用が出る確率が高まってしまうのです。身体に負担をかけてしまう恐れが個人輸入代行サービスで取り扱っている薬剤にはあるわけです。

個人輸入で取り扱っている発毛剤で健康被害が発生する恐れあり

 

プロペシアのジェネリック医薬品である「Finpesia(フィンペシア)」と呼ばれる製品がありました。実はそちらに配合されているキノリンイエロー(タール色素)に発がん性がある事がわかったのです。

 

Finpesia(フィンペシア)のキノリンイエローについて詳しくはこちら

 

正規品ではない発毛剤を使ってしまうと、将来的な健康被害を招き寄せてしまうかもしれません。実際にジェネリック医薬品を作っている会社の中には利益を重視し過ぎるあまり、検査もほとんどせず衛生状態が良くない中で作らせているようなケースもあるのです。

検査をした上でドクターが処方するAGAクリニック

 

AGAクリニックはまずは血液検査をします。血液検査をして健康に問題がないか、発毛剤を利用しても平気かを把握するわけです

 

さらに血圧検査もAGAクリニックでは実施します。発毛剤の中には血圧に影響を与えるミノキシジルがあるわけです。血圧検査をすることでミノキシジルを利用しても平気かを調べます。

 

上記した検査を行った上で確実な発毛剤を処方するのがAGAクリニックなのです。安全性をある程度確保した上で治療を行ってくれるわけです。

 

個人輸入代行は検査を一切行いません。そして医師免許を持っていない自身が自己判断の上で医薬品を選んで購入するわけです。以下に危険なことをしているか分かるのではありませんか?

個人輸入は知識不足による副作用を招きかねない

 

ミノキシジルタブレットと呼ばれる発毛剤があります。飲むタイプノミノキシジルであり、全身の血管を拡張する効果があります。発毛剤の中で最も効果が高いことでも知られているのです。

 

そのミノキシジルタブレットですが、個人輸入代行サイトをチェックすると「2.5ミリグラム」「5ミリグラム」「10ミリグラム」などがあります。

最も容量が多い10ミリグラムを購入して、そのまま1錠を飲んでしまう、という方が少なくありません。実は10ミリグラムに関しては、錠剤を半分程度にわって1回分として飲むものなのです。1回1錠で飲んでしまうと、血管が拡張されすぎてしまい低血圧になってしまう恐れもあります。

 

医薬品の基礎知識を持っていないことで重篤な副作用が発生してしまうかもしれません。個人輸入では「発毛剤の誤った利用による副作用を招きやすい」と覚えておきましょう。

個人輸入では医薬品副作用被害救済制度を受けられない

 

もちろんAGAクリニックで処方された発毛剤によって副作用が発生してしまうこともあります。しかしAGAクリニックで処方された医薬品で健康被害がでてしまった場合には「医薬品副作用被害救済制度」が適用されますが、個人輸入代行で手に入れた医薬品については適用されません。

 

発毛剤には、極稀に入院が必要なほど重い副作用が発生してしまう恐れが有るわけです。AGA治療はもしも事を考えながら行わなければなりません。

【医薬品副作用被害救済制度とは】

 

医薬品を適正に使用したにも関わらず、その副作用によって入院が必要になるほどの重篤な症状が出てしまった場合に年金や医療費などを給付する公的な精度です。

 

入院を必要とする副作用が出た場合

医療費や医療手当を給付

副作用で障害が出てしまった場合

障害年金や障害児養育年金を給付

副作用によって死亡した場合

遺族年金や遺族一時金、葬祭料などを給付

 

※独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(Pmda)のホームページを参考にしました。

どちらのほうが利用しやすいのか?

ほぼ一緒

 

以前であれば、圧倒的に個人輸入代行サービスのほうが利用しやすかったわけです。家に居ながらにして、インターネットを利用して通販でものを購入するような感覚で利用できます。

 

AGAクリニックについては、わざわざ通わなければなりませんでした。AGAクリニックへ向かい、その上で診察を受け薬剤を処方してもらうわけです。

 

AGAクリニックは現在大変革をしています。実は遠隔診療というものを実施し始めたのです。

 

スマホのアプリを介し、テレビ電話で診察が受けられるようになりました。診察を受けたら、あとは薬剤が自宅に配送されてくるのを待つだけです。まさに通販を利用しているような感覚でAGAクリニックが利用できるようになったわけです。

 

ちなみにスマホアプリによる診察では、頭髪の状態を画像でドクターに確認してもらえます。ドクターに状況を把握してもらった上で治療方針を決めてもらえるのです。

 

AGAクリニックの遠隔診療について詳しくはこちら

まとめ|AGAクリニックと個人輸入のどっちがおすすめ?

比較項目

AGAクリニック

個人輸入

治療効果

費用

危険度(副作用)

×

利用しやすさ

AGAクリニックがおすすめ

 

AGA治療を受ける時に最も重視すべきことは何でしょうか。もちろん「効果があること」ですよね。さらに髪の毛は生えてきたとしても、健康が阻害されては意味がありませんよね。「危険度が低い」ことも重要なのです。

 

AGAクリニックは「効果」と「危険度」が個人輸入に比べて有利でであることは間違いありません。

 

個人輸入サービスに関しては、「費用を重視」する場合のみおすすめです。たしかにAGAクリニックと比較すると、費用は圧倒的に抑えられている現実があるわけです。

 

どうしても低価格でAGA治療が受けられる個人輸入サービスを利用したい場合ですが、まずはAGAクリニックを利用しましょう。そして検査を受けた上で、どのような薬剤が処方されるのかを確かめるのです。

 

AGAクリニックで行われる治療が把握できたら、途中から個人輸入サービスを利用しましょう。そうすれば薬剤の治療だけではありますが、基本的にAGAクリニックと同様の治療が受けられるわけです。

 

※個人輸入サービスを利用する時は、なるべくジェネリックタイプは避けてください。正規品であれば大丈夫です。個人輸入代行サービスの正規品の発毛剤は、アメリカ製造であったりオーストラリア製造位であったりするものが多くなっています。

実績・費用で選んだAGAクリニックランキングBEST3

AGAクリニックおすすめランキングBEST3



スポンサードリンク