スカルプケアの最前線
メソセラポススカルプリキッド

オリジナル処方薬の料金ランキング

色鮮やかな錠剤たち

どのAGAクリニックのオリジナル処方薬が安く、どのAGAクリニックのオリジナル処方薬が高いのでしょうか?

 

AGAクリニックを利用するのであれば、やはりオリジナル処方薬を利用しなければ意味がありません。単剤治療をするのであれば、なにもAGAクリニックを選ぶ必要はありません。ドラッグストアでリアップを買ったり、皮膚科でプロペシアを処方してもらったりすればよいのです。

 

オリジナル処方薬であれば、その人にマッチングした薄毛治療薬をオーダーメイドしてくれます。フィナステリドだけではなく、ミノキシジルやビタミンやミネラルなどのサプリメントを処方してくれる例もあります。

 

こちらでは各クリニックのオリジナル処方薬の料金を明確化しランキング化します。オトクなオリジナル処方薬を処方してくれるところはどこなのかを知りたい、という方は必見です。

 

 

※こちらで表示している料金は、全て税抜きとなります。

各クリニックのオリジナル処方薬料金ランキング

順位

クリニック名

月々の価格(最低価格)

1

ヘアライフAGAクリニック 6,000円から

2

銀座総合美容クリニック(銀クリ) 6,500円から

3

親和クリニック 8,000円から

4

AGAスキンクリニック 14,000円から

5

ヘアメディカルグループ 15,000円から

5

メンズヘルスクリニック東京 15,000円から

5

表参道ウィルAGAクリニック  15,000円から

第8

ルネッサンスクリニック 16,000円から

第8

ゴリラクリニック 16,000円から

第10位

AGAクリニックの髪のクリニックSeed  17,800円から 

第11位

ガーデンクリニック発毛医療外来 18,000円から

第12位

ユナイテッドクリニック 18,333円(モニター価格)

第13

AGAIN(アゲイン)メディカルクリニック 20,000円から

第14

表参道スキンクリニック(ヘアジニアス)

25,000円から

圏外

TOMクリニック 価格不明(最大で40,000円まで)

圏外

新宿AGAクリニック 価格不明

 

※最も安いオリジナル処方薬のコースで比較してみました。
※中には外用薬は処方せず内服薬しか処方していないクリニック(コース)もあります。

 

AGAクリニックによってオリジナル処方薬にはかなりの差があることがわかります。価格が明確化されているところだけでも、6,000円のところもあれば25,000円かかるところも存在しているのです。

 

注意してほしいのは、安いからといって必ずしも良いわけではない、という部分です。確かに価格は安く設定されているのですが、フィナステリド錠しか処方していないところもあります。

 

基本的に内服薬と外用薬の二つを処方してくれるのは15,000円前後のコースとなっているので注意してください。

 

一方で、「TOMクリニック」と「新宿AGAクリニック」に関しては価格が明示されていません。カウンセリングを受け治療方針が決定するまで、いくら掛かるのかはわからない、ということになります。

 

TOMクリニックの場合は最大で40,000円までとされていますが、明確にいくら、ときまっているわけではないので良心的ではありません。

オリジナル処方薬を処方していないAGAクリニックとは?
HARG治療センター

中央クリニック

聖心美容クリニック

四谷ローズクリニック

高須クリニック

紀尾井町クリニック

アイランドタワークリニック

ABCクリニック

スキンサポートクリニック

恵比寿美容クリニック

新宿メディカルクリニック

銀座HSクリニック

メセル発毛HCR

メディカルSMPセンター

栄セントラルクリニック

神田いきいきクリニック

AGAヘアクリニック  東京ロイヤルクリニック 
AGA JAPAN CLINIC(エージーエージャパンクリニック) 

 

全てのAGA治療を実施しているクリニックがオリジナル処方薬に対応しているわけではありません。

 

オリジナル処方薬を出しているクリニックと出していないクリニックで判断できることがあります。「AGA治療に力を入れているのか」「AGA治療に力を入れているのか治療に力を入れていないのか」という部分です。

 

  • AGAオリジナル処方薬を出しているクリニック・・・AGA治療に力を入れている
  • AGAオリジナル処方薬を出していないクリニック・・・AGA治療に力を入れていない

 

AGAオリジナル処方薬を出していないということは、単にプロペシアやミノキシジルを処方しているに過ぎません。オーダーメイドの治療ではないのです。薄毛の原因は人それぞれです。画一的な治療では薄毛は治りません。

 

HARG治療センター HARG専門系クリニック
中央クリニック 包茎など美容整形の施術も実施しているクリニック
聖心美容クリニック 美容系の施術をメインで取り扱うクリニック
四谷ローズクリニック 美容系の施術をメインで取り扱うクリニック
高須クリニック 美容系の施術をメインで取り扱うクリニック
紀尾井町クリニック 植毛系クリニック
アイランドタワークリニック 植毛系クリニック
ABCクリニック 包茎手術など美容系の施術をメインで取り扱うクリニック
スキンサポートクリニック AGA対策を主体としたクリニック
恵比寿美容クリニック 血流改善ガス治療と栄養補給治療のみを実施するクリニック
新宿メディカルクリニック 薄毛治療と美容点滴をメインとしているクリニック
銀座HSクリニック 薄毛治療を専門的に行っているクリニック
メセル発毛HCR メセル発毛HCR法をメインで取り扱っている薄毛治療専門クリニック(※)
メディカルSMPセンター 頭皮に毛根を描くメディカルSMP施術のみを実施するクリニック
栄セントラルクリニック 美容整形系クリニック
神田いきいきクリニック AGA・薄毛専門治療病院

 

メセル発毛HCR法について詳しくはこちら

 

AGAのオリジナル処方薬を出していないクリニックの多くは美容整形クリニックであり、片手間で薄毛治療を行っている、というケースが多いのです。一方で薄毛治療を専門的に行っているクリニックでも、オリジナル治療薬を出していないところが幾つかあります。

 

近年では発毛剤による治療を「悪」と考えるクリニックも出てきました。副作用があるので副作用のある発毛剤を利用した治療を行わない、と決めているクリニックもあるのです(恵比寿美容クリニックなど)。

値段が安いクリニックとそのオリジナル処方薬の特徴

1

ヘアライフAGAクリニック 6,000円から

2

銀座総合美容クリニック(銀クリ) 6,500円から

3

親和クリニック 8,000円から
第1位:ヘアライフAGAクリニックのオリジナル処方薬とは?

内服薬

6,000円から

外用薬

9,000円から

 

内服薬と外用薬が最初からセットになっているわけではありません。個別に設定されています。だからこそ月々最低6,000円から、と安くなっているのです。

 

仮に内服薬と外用薬のセットで利用する場合には、「15,000円から」という価格になります。6,000円という低価格には、以上のようなカラクリがあったわけです。

 

ただしヘアライフAGAクリニックのオリジナル処方薬である「オリジナル発毛薬 HAIR-L」は30日間の返金保証がついています。さらに初診料と血液検査2回分が無料となります。諸経費がかかりにくい設定となっているのです。

 

オリジナル発毛薬 HAIR-Lの成分

フィナステリド

ミノキシジル

サプリメント(ビタミン・亜鉛・アミノ酸など配合)

 

ヘアライフAGAクリニックではサプリメント系の処方も実施しています。単なる発毛剤による治療だけではなく、多角的なアプローチが出来る治療薬を処方してくれるのです。

 

ヘアライフAGAクリニックの口コミ体験談はこちら

第2位:銀座総合美容クリニック(銀クリ)のオリジナル処方薬とは?

 

銀クリでは総合的な治療ができるオリジナル処方薬を処方してくれます。ただしオリジナル処方薬の明確な価格については示されていません。税抜価格でAGA内服・外用薬治療(1ヶ月あたり)は6,500円から17,500円と示されているだけなのです。

 

可能性として極めて高いのは、6,500円というのはフィナステリド錠の処方だけ、というものです。外用薬を合わせて利用したい、ということであれば15,000円以上はかかってくると考えられます。

 

処方薬の種類などによってはもっと価格がかかってくる恐れもあり、カウンセリングにて必ず確かめなければなりません。

 

銀クリのオリジナル処方薬の中身例

フィナステリド錠(プロペシア)

ミノキシジル

抗炎症剤

各種ビタミン(サプリメント)

 

抗炎症剤を加えている、というところに銀クリのオリジナリティを感じます。薄毛に悩んでいる方の頭皮には問題が隠れていることが多くなっているのです。特に頭皮ニキビなどの炎症が起きている例が珍しくありません。

 

抗炎症剤を利用することで、頭皮環境が改善します。頭皮環境の悪化による薄毛を改善するきっかけになるかもしれないわけです。

 

銀座総合美容クリニック(銀クリ)の口コミ体験談はこちら

第3位:親和クリニックのオリジナル処方薬とは?

 

親和クリニックは基本的には植毛をメインとして取り扱っているクリニックです。一方で親和オリジナルの「ハイブリッドミノキシジル」と呼ばれる外用薬も処方しているのです。

 

親和クリニックのオリジナル処方薬に関しては外用薬のみ、となっています。内服薬がセットになっているわけではありません。ですから低価格を実現できたのです。

 

ハイブリッドミノキシジルの価格

6ヶ月分処方

48,000円(1ヶ月あたり8,000円)

3ヶ月分処方

25,000円(1ヶ月あたり約8,333円)

1ヶ月分処方

8,500

 

1ヶ月あたりの処方に比べ、6ヶ月処方を利用すると1ヶ月分あたりの価格が500円ダウンします。発毛剤による治療は継続していかなければならないので、治療を実施するのであれば6ヶ月分を処方してもらいましょう。

 

親和クリニックの口コミ体験談はこちら

値段が高いクリニックとそのオリジナル処方薬の特徴

12

ユナイテッドクリニック 18,333円(モニター価格)

13

AGAIN(アゲイン)メディカルクリニック 20,000円から

14

表参道スキンクリニック(ヘアジニアス) 25,000円から
第12位:ユナイテッドクリニックのオリジナル処方薬とは?
AGAメディカルドクターズセレクト 1ヶ月あたり約27,593
AGAメディカルドクターズセレクト モニター 1ヶ月あたり約18,333

 

モニターであるか、それともモニターでないかで価格が随分と変化してきます。ひと月あたりで10,000円もの差が出てくるのです。モニターに関しては症例写真などの掲載が条件となってくるので注意してください。

 

AGAメディカルドクターズセレクトによる治療の中身

プロペシア(フィナステリド製剤)

ザガーロ(デュタステリド製剤)

ミノキシジル

サプリメント

シャンプー

 

他のクリニックのオリジナル処方薬とは異なり、ユナイテッドクリニックではシャンプーがついています。頭皮環境の改善、ということにも注目しているのです。

 

他のクリニックよりもオリジナル処方薬の価格が高く設定されているわけですが、シャンプーの分が付加されて価格が高くなっている、といったことも考えられるわけです。

 

ユナイテッドクリニックの口コミ体験談はこちら

第13位:AGAIN(アゲイン)メディカルクリニックのオリジナル処方薬とは?

オーダーメイドAGA治療薬

1ヶ月あたり20,000

塗布薬

1ヶ月あたり10,000

 

AGAIN(アゲイン)メディカルクリニックのオリジナル処方薬の価格は20,000円としましたが、あくまで内服薬のみです。外用薬に関しては加えられていません。

 

外用薬もプラスする場合には20,000円+10,000円ということになり、1ヶ月あたり30,000円もかかってしまう計算になります。

 

オーダーメイドAGA治療薬の中身とは?

ミノキシジル

フィナステリド

各種ビタミン(サプリメント)

 

中身に関しては一般的なオーダーメイド処方薬となっています。サプリメントもついているので、栄養不足で薄毛になっている方でも対応できます。

 

AGAIN(アゲイン)メディカルクリニックの口コミ体験談はこちら

第14位:表参道スキンクリニック(ヘアジニアス)のオリジナル処方薬とは?

 

ひと月あたりの価格は25,000円からとなっており、最大の価格も明示されていません。高額な費用がかかってくる可能性もあります。一方で、発毛効果が全く現れない、というケースにおける返金制度があります。

 

オーダーメイド処方の内容

ミノキシジル

プロペシア

アミノ酸・ビタミン・ミネラルなどを配合したサプリメント

 

特に他のクリニックと大きな違いはありません。内服薬と外用薬を組み合わせた治療を実施しています。

 

サプリメントに関しては各種成長因子などを配合していることもあり、その分他のクリニックよりも価格が高い、ということが言えるかもしれません。

 

オーダーメイド処方にプラスして頭皮治療を組み合わせた「ヘアジニアス・プログラム」も用意されています。頭皮治療に関しては、メソセラピーを組み合わせているので費用は高額化します。

 

※頭皮ケア(医療発毛頭皮ケア)は1回あたり60,000円からの価格設定となっています。

 

表参道スキンクリニック(ヘアジニアス)の口コミ体験談はこちら

実績・費用で選んだAGAクリニックランキングBEST3

AGAクリニックおすすめランキングBEST3



スポンサードリンク