スカルプケアの最前線
メソセラポススカルプリキッド

更新日:2019/03/15

AGAクリニックで処方されるプロペシア|効果と副作用

プロペシアのパッケージ画像 パッケージを開けて錠剤を出している キーボードの上に

 

AGAクリニックでは様々な医薬品が処方されています。それらの医薬品のすべてが安全なものではありません。

 

一定の危険性を持っているのです。

 

 

こちらでは、AGAクリニックで最も処方されやすい医薬品である「プロペシアの効果副作用」について解説します。

 

ちなみにプロペシア以外にもフィンペシアやエフペシアといったものがあります。すべて同じ有効成分が含まれているので、基本的に発生する効果と副作用は一緒です。

プロペシアによってもたらされる効果とは

男性型脱毛症(AGA)の改善

 

詳しく説明すると、

 

  • 抜け毛量の減少
  • 髪の毛が太くなる
  • 髪の毛が長くなる
  • 薄くなっていた部分から髪の毛が生えてくる

 

といった効果が期待できます。

 

プロペシアに関しては、育毛剤ではなく発毛剤です。髪の毛が生えてこなくなってしまった部位からも髪の毛が生えてくる、といった効果が期待できるわけです

 

特に注目して欲しいのが、男性型脱毛症の改善に特化している、という部分です。男性型脱毛症以外の薄毛には何の効果ももたらしてはくれません

 

血行不良でなってしまう「びまん性脱毛症」で悩んでいる男性もいるのですが、そちらには一切効果を発揮しないのがプロペシアの特徴でもあるのです。幅広い育毛効果や発毛効果はありません。

プロペシアが男性型脱毛症を改善するメカニズムとは

【男性型脱毛症の発症メカニズム】

・睾丸から男性ホルモン(テストステロン)が分泌)

・テストステロンが血液に入り全身に行き渡る

・体内にある酵素の5αリダクターゼとテストステロンが結合

・ジヒドロテストステロン(DHT)が形成される

・ジヒドロテストステロンが男性の前頭部から頭頂部にかけての毛母細胞に作用

・髪の毛の成長が阻害される

・男性型脱毛症の発症

 

白衣を期待しらしきメガネを掛けた男性が説明している 黒縁メガネをかけている 

 

男性型脱毛症になっている方は必ず上記の流れの結果、薄毛になっているのです。問題となる物質がいくつか出てきましたよね。

 

テストステロンと5αリダクターゼ、そしてジヒドロテストステロンです。

 

プロペシアに含まれている有効成分の「フィナステリド」は、それらの物質の中で5αリダクターゼに影響をもたらしてくれることが分かっています。5αリダクターゼの働きを抑制してくれるのです

 

5αリダクターゼの働きが抑制をされれば、テストステロンと結合しにくくなります。脱毛原因物質であるジヒドロテストステロンの数が減るわけです。結果として、男性型脱毛症が発症しなくなります。

プロペシアは全員に効果なし?臨床データをチェックしよう

プロペシアの効果は限定的である

プロペシアの臨床試験データ

投与期間

改善率

維持率

進行(悪化)率

1年間

58

40

2

2年間

68

31

1%

3年間

78

20

2

 

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n217319より

 

「3年間利用し続ければ80%近い人に効果が出るのはすごい」と思ってしまいますよね。しかしその臨床試験データに関してはちょっとしたからくりがあるので、必ずしも3年間の利用で8割の人に効果が出るわけではありません。

 

1年目の時点で効果がなかった方は2年目の試験や3年目の試験には参加していないのです。ですから、プロペシアの効果率は基本的に60%弱と考えて間違いありません。

 

そして注目すべきは2年目以降は100%の改善率にはなっていない、ということです。これはプロペシアのみでの対策には限界が有ることを示しています。この点は、AGAクリニックも理解しています。

なぜプロペシアでAGAが改善できない人がいるのか?

 

プロペシアでは5αリダクターゼ対策ができます。しかし5αリダクターゼは2つの種類があります。Ⅰ型とⅡ型があるのです。

 

プロペシアの有効成分「フィナステリド」が効果を発揮してくれるのが、Ⅱ型のタイプのみです。仮にあなたがⅠ型の5αリダクターゼの作用が強い、といった状態になっている場合には効果が現れません。

 

ちなみに現在ではⅠ型の5αリダクターゼ対策ができる医薬品も登場しています(ザガーロ)。

AGAクリニックではプロペシアと他の発毛剤を併用している

処方された医薬品のイラスト 白い袋に薬が入っている 錠剤もある

 

AGAクリニックではプロペシア以外にも、ミノキシジルやザガーロといったものを処方しています。

 

それらを活用して、より確実に効果が出るように対処しているのです。

 

 

一般医療機関でプロペシアだけ処方してもらったとしても、確実な効果が出る保証はどこにもありません。効果についても明らかに限定的となってしまいます。

 

プロペシアだけではなく、他の発毛剤との併用を視野に入れましょう。

プロペシアを利用するとどのような副作用が発生してしまうのか?

最も発生しやすい副作用|男性機能の低下
  • 性欲の減退
  • 勃起不全(ED)
  • 精子の減少
  • 睾丸の痛みなど

 

プロペシアを利用した方の1%から2%ほどの方に、男性的な副作用が発生していることが分かっています。ただしなぜ性的な機能の低下を招いてしまうのか、といったことはまだよく分かっていません。

 

ベッドに座って自信の勃起不全を悩んでいる男性 奥さんと思われる女性も描かれているイラスト

 

プロペシアに含まれているフィナステリドは前立腺肥大症の改善薬として開発された過去があります。

 

それが発毛剤として転用されて現在に至っているのです。

 

前立腺といった非常にデリケートな部位に関わる作用がある薬なので、何かしらの性的な影響を与えても不思議ではありません。

 

一つ安心して欲しいのが、プロペシアで最も発生確率が高いとされている性的な副作用でさえ高率ではない、ということです。安全性は比較的高い医薬品、といったことがいえます。

 

眠気が来てしまうということもありません。外用薬ではないので、頭皮に痒みが発生する、といった心配もないのです。

女性に与えるプロペシアの副作用

 

女性の薄毛に関してはプロペシアは一切効果を発揮しないので、利用する意味はありません。一方で副作用はあるので、絶対に利用してはいけない、とされているのです。

 

女性に対する副作用ですが、妊娠した胎児に影響を与える可能性が指摘されています。胎児が男子である場合には、生殖器官の異常が発生してしまうかもしれません。

 

女性がプロペシアを利用しても良いことは一つもないです。

未成年がプロペシアを利用してはいけない理由

 

未成年に対するプロペシアの安全性や有効性が確立されていない、といった理由があります。もちろん未成年であったとしても男性型脱毛症が発症する可能性はありますが、AGAクリニックでも利用は不可、とされているのです。

 

未成年の場合はまだ身体が出来上がっていない、といった理由も少なからずあります。肝機能に問題を与える可能性も指摘されているので、身体が未発達な未成年の利用は適していません。

AGAクリニックでプロペシアを処方してもらうメリット

ドクターが危険性を熟知している

 

一般の医療機関でもプロペシアは処方してもらえますが、一般の医療機家のドクターはプロペシアの知識を持っていません。どんな副作用が起こるのか、といった事を理解していないケースも有るのです。

 

AGAクリニックのドクターは、危険性を知ったうえで処方してくれます。より高い安全性があるのは間違いありません。

より効果が出やすい

 

AGAクリニックでは事前に検査を受けられます。その結果によって、どの発毛剤の効果が得られやすいのか、といったことも分かるのです。

 

  • Ⅰ型の5αリダクターゼの影響が強いケース・・・ザガーロの利用をすすめてくれる
  • Ⅱ型の5αリダクターゼの影響が強いケース・・・プロペシアの利用をすすめてくれる

 

それぞれの方の薄毛にマッチングした医薬品を処方してくれる強みが、AGAクリニックにはあります。

実績・費用で選んだAGAクリニックランキングBEST3

AGAクリニックおすすめランキングBEST3



スポンサードリンク