スカルプケアの最前線
メソセラポススカルプリキッド

AGAクリニックで処方されるリバース|効果と副作用

グラビアアイドルの篠崎ゆうちゃんがイメージキャラクターを勤めている 可愛い 巨乳 歌がうまい スタイル抜群 ロリ系

 

発毛剤として注目されているのがリバースです。しかしリバース自体はそれほど有名ではありません。

 

AGAスキンクリニックのオジリナル処方薬となっているからです。

 

 

多くのAGA医院で取り扱っているものではないので、広く知られるには至っていません。しかし効果を得ている方も多いことが口コミなどから見えてきています。

 

今回はAGAスキンクリニックのオリジナル処方薬である「リバース」について徹底解説します。どのような効果が期待できるのでしょうか。副作用についても、あわせて調査してみました。

そもそもリバースってどんな医薬品なの?

内服薬と外用薬がある

 

白いタブレットの画像 写真 すでに利用を始めていると思われる、 左手

発毛剤に関しては飲むタイプと、塗るタイプの2つがあります。

 

AGA系の医院で処方されているのは、基本的に内服薬系か外用薬系のいずれかを選択したり、別々で処方されていたりするケースが多いのです。

 

AGAスキンクリニックの「リバース」に関しては、外用薬と内服薬が一緒に処方されます。要は、体の外からと中からの効果が期待できるのがリバースなのです。

リバースに含まれている成分とは

リバースに含まれている成分

内服薬

フィナステリド

ミノキシジル

ビタミンB群・亜鉛など

外用薬

ミノキシジル

D-パンテノール

 

リバースには上記したような成分が含まれています。医薬発毛成分のミノキシジルとフィナステリドが利用されています。

 

一方でサプリメントや育毛剤にも含まれている一般的な成分の「ビタミンB群」や「亜鉛」、そして「D-パンテノール」が含まれています。

 

「D-パンテノール」に関しては医薬成分だと思っている方もいるかも知れませんが、プロビタミンB5と呼ばれるものです。パントテン酸と呼ばれているものの誘導体とされているもので、特にきつい作用を与えることはありません。

 

D-パンテノールは医薬成分でもなく、一般的な化粧品にも含まれている成分です。危険性はないので、頭皮環境が不安定な方が利用しても問題はありません。

リバースの費用はどの程度かかるのか?
  • 月あたり・・・35,000円

 

税抜価格で35,000円なので、40,000円近くの費用が毎月かかってくることになります。他の、エージーエー系医院ではもう少し安く利用できることもあるので、少し高めです。

 

プロペシアだけを処方してもらうことも可能です。ジェネリックタイプであれば、月に4,200円から、といった価格帯になっています。

 

プロペシアだけでは発毛効果は限定されてしまいますが、まだ発毛剤の利用した経験がない方はプロペシアのみの処方から始めても良いかもしれません。

まとめ
  • リアップ+プロペシア+育毛サプリメント

 

リバースを簡単に説明すると、上記のようなものになります。薄毛を改善させる効果が高いとされるリアップとプロペシア、そして総合的な育毛効果の期待できる育毛サプリメントが組み合わさっているのです。

リバースに期待できる効果とは?

血流の改善作用あり

 

血管に赤い血液がいきよいよく流れているイラスト、ちょっとグロテスクなイラスト 血管にたっぷりと血液が流れており、その結果育毛に繋がることを表しているイラスト

内服薬にもミノキシジルが入っていますし、外用薬にも含まれています。

 

ミノキシジルには血管を拡張する作用があり、リバースの場合は身体の内側と外側から血管を拡張させることが出来るのです。

 

髪の毛は血液によって栄養が送り届けられ、その栄養によって生えてきます。栄養が遮断されてしまえば、髪の毛の成長に大きな問題が生じてしまうのです。血流が滞れば薄毛になってしまいますし、抜け毛も増えます。

 

リバースの素晴らしい所は、そのミノキシジルを内服薬としても外用薬としても摂取できるところです。内と外からの効果を得ることで、髪の毛が逞しく生えてくるようになります。

 

注意して欲しいのが、ミノキシジルの内服薬は国内では基本的に取り扱いがされていない、というところです。AGA系医院や個人輸入を利用しなければ手に入りません。

 

内服薬としてのミノキシジルを利用してみたい、と考えている方にリバースは適しています。

男性型脱毛症の阻害作用あり

 

男性的な薄毛になり方を表しているイラスト バーコードのような髪の毛になってしまっている ホルモンと薄毛自体には実際には関係はない

リバースの内服薬にフィナステリド、と呼ばれる成分が含まれています。フィナステリドは、プロペシアに含まれている有効成分です。

 

男性型脱毛症の根本的な原因に対処できる機能を持っています。

 

フィナステリドには、5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きを抑える機能が確認されています。5αリダクターゼが活発に機能して、男性ホルモンのテストステロンと結合してしまうと、DHTと呼ばれるエージーエーの原因成分を作ってしまうのです。

 

リバースによってフィナステリドを定期的に体内に取り込むことで、DHT自体が作られにくくなります。毛母細胞に対する影響も減っていくことになり、結果的にエージーエーが改善するわけです。

 

ただし注意しなければならないことがあります、近年分かってきたことがあるのですが、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があるのです。フィナステリドはⅡ型にしか通用しないので、Ⅰ型タイプの方は効果が得られません。

 

過去にプロペシアを利用した経験がある方で、薄毛が改善しなかった、という方に関しては、リバースでは思ったような効果が出ない可能性もあります。

頭皮環境の改善効果あり

 

内服薬のビタミンB群や外用薬に利用されているD-パンテノールには、頭皮の状態を良くしてくれる機能があります

 

特に外用薬としての発毛剤を利用すると、頭皮の肌荒れが起こりやすいのです。ミノキシジルを含んでいるものは刺激が強く、頭皮ニキビが発生したり、赤く炎症をおこしてしまったり、中にはアレルギー症状を起こしてしまう方も。

 

D-パンテノールには、育毛効果や白髪予防効果があることが分かっています。髪の毛自体をつやつやさせる効果もあるので、コンディショナーにも含まれているほどです。

 

お肌への潤いを表しているイラスト 女性が頭皮や顔に水を浴びせている 気持ちよさそうにしている

皮膚細胞を活性化させるので、敏感肌の方には特に有用。傷などの回復を早くさせる機能もあれば、肌荒れを防止してくれる機能もあります。他にも保湿機能があるので、乾燥肌の方にも良い結果をもたらします。

 

抗炎症作用もあります。アレルギー症状が出てしまうと、お肌が赤くなってしまうこともあります。そのような症状を抑えてくれるような機能までD-パンテノールには期待できるのです。

 

リバースには亜鉛が含まれています。活性酸素の除去をしてくれたり、新陳代謝を高めてくれたりする効果が期待できます

 

毛母細胞が弱まっていると、髪の毛が生えにくくなってしまいます。亜鉛を内服薬で摂取することで、細胞から育毛に即した状況にしていくわけです。

 

ちなみに亜鉛は不足しやすい成分でもあります。動物性の食品に多く含まれている成分なので、ベジタリアンの方には不足しやすいことが分かっています。偏食気味の方は注意してください。

 

【亜鉛を多く含む食材例】

  • 牡蠣
  • 豚肉(レバー)
  • ほや
  • 牛肉(肩)
  • カニ缶
  • 牛肉(肩ロース)
  • 牛ひき肉
  • 牛肉(尾/テール)
  • たいらがい

 

※「簡単!栄養andカロリー計算」より

リバースに含まれる成分と期待できる効果

ミノキシジル

血行促進(髪の毛が生えやすくなる)

フィナステリド

薄毛の促進成分を減らす(AGAの原因成分を減らせる)

D-パンテノール

頭皮環境改善作用(抗炎症、保湿など)

亜鉛

毛母細胞の活性化、頭皮環境改善作用(活性酸素除去、新陳代謝を高めるなど)

リバースの副作用とは

飲むタイプのミノキシジルには様々な副作用がある!
  • 動悸
  • 倦怠感
  • 不整脈
  • めまいなど

 

上記したのは、ミノキシジルタブレットの副作用の一部に過ぎません。ここに紹介している以外にも様々な副作用があるのです。

 

ミノキシジルタブレットは高い効果を発揮してくれるものですが、全身に対して強い影響力を持っているので注意して利用しなければなりません。リバースに関しても、一定以上の危険性があるわけです。

 

リバースを利用して血圧が下がりすぎてしまうような症状が出た場合は、ミノキシジルとの相性が極めて悪いです。服用は中止してください。

 

処方されるときに説明をされると思いますが、心臓病の方、そして普段から血圧降下剤などを利用している方はリバースの利用ができません。心臓に負担をかけてしまったり、血圧を下げすぎてしまったりするのです。

塗布タイプのミノキシジルにもご用心

 

お肌が赤くなってしまい困っている女性のイラスト ポンク色の服を着ておりポニーテールの髪型をしている

リバースの塗布タイプにもミノキシジルが含まれているのですが、頭皮に対して副作用があることがわかっています。頭皮の肌荒れの可能性が少なからずあるのです。

 

副作用が出てしまうと、皮膚の損傷が起こってしまうことになります。髪の毛に利用されるべき栄養が皮膚の回復に使われてしまうので、髪の毛の成長が鈍化してしまうのです。

 

一方で注目して欲しいのがD-パンテノールです。ミノキシジルと一緒に含まれている成分ですが、頭皮環境を改善させる作用があるので、一般的なミノキ系外用薬よりリバースはリスクが少ない、と考えられています。

 

だからといって安心はせきませんよ。頭皮に異常を感じたら、利用をストップしてください。また頭皮に問題があるときにも利用しないでください。

フィナステリドは性的な副作用が出る可能性あり

 

勃起不全や性欲減退、といった副作用が起こることが分かっています。利用をストップすれば回復するとされているので、重度の副作用ではないのですが、妊活している方は注意しなければなりません。

 

フィナステリドの性的な副作用の確率に関しては、5%未満であることが公表されています。実質的には1%から2%程度なのでそれほど心配することはありません。

D-パンテノールと亜鉛の副作用について

 

過剰摂取などが起きてしまうと副作用が起こるかもしれません。しかし通常利用であれば問題ありません。亜鉛は一般の食品にも含まれている成分です。

 

用法用量を守ってリバースを利用すれば、危険性はない、と考えられているのです。

実績・費用で選んだAGAクリニックランキングBEST3

AGAクリニックおすすめランキングBEST3



スポンサードリンク