スカルプケアの最前線
メソセラポススカルプリキッド

AGAクリニックで処方されるザガーロ|効果と副作用

お薬のパッケージ画像 写真 30錠入っている 日本語で書かれているので日本でも手に入る医薬品であることを示している

 

AGAクリニックではいくつかの医薬品が処方されることになります。

 

それらには薄毛を改善させるチカラがある、とされているものですが、どの薬剤を利用するかによって効果も全く行ことなってきます。

 

こちらでは薄毛の改善薬としていま最も注目されている「ザガーロ(デュタステリド)」について解説します。

 

どんな効果があって、どんな副作用の可能性があるのでしょうか。最後に、個人輸入代行サイトでザガーロ(デュタステリド)を手に入れるデメリットも記載します。

そもそもザガーロはどのようにして生まれたのか?

前立腺肥大症の治療薬として開発された

 

プロペシアのフィナステリドも前立腺肥大症を改善させるための薬剤として生まれました。ザガーロの有効成分である、デュタステリドに関しても前立腺肥大症改善薬として生み出された経緯があるのです。

 

開発後に、男性型脱毛症(AGA)に対して効果があることが認められたので、発毛剤として利用されるに至りました。

 

発毛剤としてザガーロを製造販売しているのは、グラクソ・スミスクライン株式会社です。国内については入ってくるまでに遅れを取ってしまいましたが、2015年9月に承認を受けました

 

  • ザガーロ®カプセル0.1ミリグラム
  • ザガーロ®カプセル0.5ミリグラム

 

上記の2つのタイプが承認されており、国内でもAGA対策薬として処方してもらえるようになったのです。多くのAGAクリニックでもすでに導入されており、多くの方が薄毛の改善のために利用しています。

ザガーロにはどのような効果が期待できるのか?

男性型脱毛症の改善効果が期待できる

AGAが発症してしまった頭皮 前頭部から頭頂部にかけて髪の毛が薄い状態となっている 地肌が露出してしまっている 将来は波平さん

 

逆に言えば、AGA以外に対する効果はありません。男性型脱毛症の改善効果に特化している発毛剤なのです。

 

例えば、血行促進機能もなければ、頭皮環境改善機能もありません。

 

男性型脱毛症は、男性ホルモンと5αリダクターゼが結合することによってできるジヒドロテストステロン(DHT)によってもたらされてしまいます。ジヒドロテストステロンが毛母細胞に対して悪さをしてしまうのです。

 

ザガーロは5αリダクターゼの働きを抑えられます。要はテストステロンと結合させないような状態にできるわけです。ジヒドロテストステロンの発生量が少なくなり、AGAが回復するのです。

 

ここまで聞くと、「なんだ。プロペシア(フィナステリド)と一緒じゃないか」と思う方もいるかもしれません。しかし、ザガーロはプロペシアよりも薄毛を改善させる機能が高いのです。

ザガーロとプロペシアの違いとは

 

5αリダクターゼには2種類あることが分かっています。Ⅰ型5αリダクターゼとⅡ型5αリダクターゼがあるわけでですが、プロペシアはⅡ型にしか効果がありませんでした。

 

ザガーロに関しては、Ⅰ型とⅡ型の両方に作用することが分かっているのです。より完璧な男性型脱毛症対策が期待できます。プロペシアを利用しても効果がなかった、といった方に関してもザガーロで回復する可能性は大いにあります。

5αリダクターゼの働きを抑えられればどうなるのか?

 

細毛化や産毛化を抑制できます

 

ジヒドロテストステロンは、髪の毛の成長を阻害させてしまったり、生えにくくしてしまったりするような機能を持っています。その機能をザガーロがストップしてくれるので普通の髪の毛が生えてくる、と考えられるわけです。

 

カレンダーの画像 2枚のカレンダーがある 1月と12月が表示されている

 

男性型脱毛症の症状として抜け毛が増える、というものがあります。抜け毛が増えてしまう原因として考えられているのが、ヘアサイクルの乱れです。

 

成長期間がジヒドロテストステロンによって短くされてしまいます。

 

ザガーロを摂取することで、ジヒドロテストステロンの発生量が減るので、髪の毛のサイクルも正常化します。その結果、成長期間も通常の状態に戻る、といったことが期待できるわけです。

 

実際に服用を始めてから抜け毛の量が減った、といった事を訴える方が非常に多くなっています。

効果が出るまでにはどのくらいの期間を要するのか?

 

早ければ2ヶ月から3ヶ月程度で効果が現れます。髪の毛が生えてきたり髪の毛が太くなったり、といった効果が感じられるようになります。

 

ただし少しずつ髪の毛も成長しているので、効果を実感するまでにはそれなりの時間がどうしてもかかってしまいます。半年程度は継続的に利用をして効果を確認しましょう。

 

確実に効果が現れるまでには、1年程度はかかる、とされています。

ザガーロの発毛試験について

 

ザガーロでは試験をおこなっており、そこでも発毛効果があることを確認されました。

 

頭頂部の直径2.54センチメートル園内の毛髪数の増加量(4週間服用)

ザガーロ0.1ミリグラム

63.0本の増加

ザガーロ0.1ミリグラム

89.6本の増加

 

20歳から50歳のAGA患者に対して行って実験では、頭頂部の髪の毛が確実に増えた、といった結果が出ているのです。約2.5センチの円状から60本から90本近い髪の毛が増えたということは大きな変化です。

 

実験からもザガーロには確実性のある効果が期待できる、と判断できます。

ザガーロの副作用とは

性的な副作用あり

 

フィナステリドと同じく前立腺肥大症を改善させる成分であるデュタステリドを含んでいるので、プロペシアと同じような副作用が確認されています。

 

【ザガーロの主な性的副作用】

  • 勃起不全(ED)
  • 性欲の減退
  • 精子の減少(精子のボリュームの減少)など

 

ベッドの上で頭を抱えて悩んでいる男性 横を向いているベッドに入っている女性

 

ザガーロを飲むことで、性的に問題が起こってくることもあるので注意しなければなりません。薄毛に悩む時期は、妊活の時期とも重なります。

 

妊活を行っているときは、妊活を重視して下さい。妊活が終わってからザガーロの服用を開始すべきです。

 

※ザガーロに関しては、経皮吸収される可能性もあります。仮に薬剤を女性が触れてしまうようなことがあると胎児に奇形が出てしまうおそれがあるので、妊娠している女性の前では利用しないで下さい(カプセルに入っている状態であれば触れても大丈夫です)。

女性化の可能性あり

 

まだそれほど研究が進んでいるわけではありませんが、ザガーロが体内のホルモンに対して一定の影響を与えてしまうのではないか、といったことも言われています。

 

前述したように男性機能を抑える働きがあるので、女性化が起こってしまう、という可能性も指摘されているのです。

 

【ザガーロの女性化に関する副作用】

  • 乳房が女性化してしまう
  • 乳頭が痛くなってしまう
  • 乳房が痛くなってしまう
  • 乳房に不快感が出てしまう

 

ただ、こちらの副作用に関してはイメージ先行であることも否めません。「男性機能を衰えさせてしまうということは身体に女性化が起こるのではないか」と思ってしまい、実際にそのような症状を感じてしまうわけです

 

実際に女性化のリスクはそれほど高くないと考えられます。

ザガーロに含まれるデュタステリド量による副作用について

 

ザガーロはデュタステリド量が0.1ミリグラムタイプと、0.5ミリタイプがあります。

 

普通に考えると、0.5ミリグラムタイプのほうが副作用の発生率が高かったり、重篤化しやすかったりするのでは、と思ってしまうでしょう。しかし、現状では配合量による副作用の違いは確認されていません。

 

ですから、今後はより効果が高い0.5ミリグラムタイプの利用がメインになるでしょう。

 

ザガーロの副作用に関する臨床試験データ

デュタステリド0.5ミリグラムの副作用と発生率

勃起不全

3.2%

リビドー減退(性欲減退)

1.7%

乳房障害 (女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感)

1.5%

肝機能障害

1.5%

黄疸

不明

 

※アボルブの調査結果より
※アボルブはデュタステリド0.5ミリグラムを配合しており、ザガーロと同等の発毛剤である
※アボルブの臨床試験データについてはこちらのPDFファイルを参考にしました(1ページ目、及び2ページ目)

 

デュタステリドには臨床試験でも様々な副作用が確認されています。上記した以外にもアレルギー反応や発疹、さらにかゆみや蕁麻疹の報告もあります。

 

重篤な副作用として報告されているのが、肝機能障害と黄疸です。この二つのいずれかでも出てしまった場合には、すぐにザガーロの服用をストップしなければなりません。

 

ただし肝機能に関しては検査をしなければ発覚しないことも多いです。ザガーロを利用しはじめたら、早い段階で検査を受けて肝臓の数値を確かめましょう。血液検査で確認できます。

ザガーロの個人輸入には気をつけよう

安く手に入るかもしれないが・・・

ベッ医薬品の中には偽薬が紛れ込んでいることを表している画像 カプセルの写真

 

偽薬が多く紛れ込んでおり、身体に重大な影響を与えてしまうかもしれません

 

AGAクリニックで取り扱っているものは安心ですが、個人輸入代行サイトなどでは偽薬が混ざりこんでいることもあるのです。

 

効果がないということはもちろんですが、副作用が強く出てしまうこともあるので注意して下さい。安全性を求めるのであれば、AGAクリニックでしっかりと処方してもらうべきです。

 

個人輸入代行サイトでは、ザガーロの有効成分のデュタステリド量が不安定な物が多く見受けられます。例えば、0.5ミリグラム入っていると掲載されていても、実際には0.7ミリグラムや0.3ミリグラムが入っている、ということもあるのです。

 

今のところ0.5ミリグラムまでであれば安全性が確認されていますが、それ以上となるとどうなってくるかわかりません。また、容量が少ないと、思ったような効果が得られない、といった可能性もあるわけです。

実績・費用で選んだAGAクリニックランキングBEST3

AGAクリニックおすすめランキングBEST3



スポンサードリンク